ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まんがの作り方
本屋に行ったら、いつの間にか『まんがの作り方』の最新刊が出てたので買ってきました。




タイトルが”まんがの作り方”なんてなってますけど、バクマンのようなマンガ論的なモノでは一切ありません。
女性漫画家同士の、日常のやり取りを描いたゆるい感じの百合なのです。
でも、この作品は百合モノでありながら独特の雰囲気の作品なんですよね。
シリアスでもないし、百合である事の後ろめたさとかも一切ないし・・・。
ただ淡々と日常を描いているのです。
そこで育まれる百合・・・というのが、他の作品にはない独特な感じを出してます。

あとこのマンガの特異な所は、主人公はノーマルなんですよね。
主人公の川口明日香は13歳で漫画家デビューしたけど、その後パッとせずに現在フリーター。
19歳になったのを契機に、漫画家として再デビューを目指すことにするのです。
でも、彼女には描きたいテーマとかが何もないのです。
そこでふと、自分を慕ってくれるバイトの後輩(女の子)の森下と付き合う事にしたのです。
百合のマンガのネタ探しを狙って・・・。

まず、この時点で他の百合モノとは一線を画してますw
ノーマルな女性が、自分を慕ってくれる女の子を利用する形で付き合うって所からして、動機が不純すぎです。
だけど、このマンガはそんな展開をしていても、シリアスな方向には行かないんですよね。
その後、実は森下も高校に通いながら漫画家をやっている事を知って、ふたりはマンガを通して親密になってゆくのです。
森下も明日香が自分の事を恋愛対象として好きではないことはわかっていますが、好きな人と一緒にいるだけで幸せを感じるタイプなのです。
明日香も、そんな森下に慕われてまんざらでもない感じで・・・。

このマンガは、そんなふたりの微妙な距離感のまま、淡々と日常を描いていくのです。
百合モノでありながらも、ふわふわとした掴み所のない感じなのです。
そこがこの作品の魅力なんですよね。

うーん・・・上手く言葉に出来ない。
とにかく、他の百合マンガにはない百合が、このマンガにはあるのですよ!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。