ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オクターヴ
今回の百合紹介は、これです。


オクターヴ(5) (アフタヌーンKC)オクターヴ(5) (アフタヌーンKC)
秋山 はる

講談社 2010-08-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



秋山はる『オクターヴ』です。
この作品には色々と衝撃を受けました。
ゆりゆめPの百合好みは、女の子同士のエッチなシーンよりも、ちょっとした仕草にドキドキしちゃうような、そういう甘酸っぱい感じが好きなのですよ。
りょうゆめで百合っぽい話は、まさにそんな路線ですしw

そんなわけで、百合好きにはバイブルとも言える『少女セクト』はちょっと合わなかったんですよね。
確かに『少女セクト』は女の子同士の百合なやり取りには萌える点は多いのですが、掲載雑誌がエロマンガ雑誌だったために無理矢理なエロシーンが多いんですよね。
せっかく良い感じで百合ってても、すぐにエロシーンが出てくるからちょっと萎えるというか・・・。
ぶっちゃけ女の子同士のエロは、そんなにえろく感じないしw
だからゆりゆめPの中では、百合に濡れ場は似合わないと思っていたのですよ。

『オクターヴ』は、そんな固定観念を打ち破ってくれた作品なのです。
エロシーンが自然な形で入ってくるし、何よりもエロいのですw
掲載誌が一般誌だから際どい表現はないですけど、女の子同士の最中のやり取りが生々しいというか・・・。
とにかく、えろい!
百合にエロは似合わないと思ってたんですが、『オクターヴ』はエロがあってこそ成立する作品という所が衝撃でした。

それにこの作品、百合というよりも普通の恋愛マンガのノリに近いところがあって、主人公のどす黒い感情をとにかく鮮明に描いています。
もう見てて痛くなるほど、ドロドロしてるんですよw
でもそこがまたいいのです。
そういうドロドロがあるからこそ、好きな人を強く求めてるから、エッチ自体に重要な意味が生まれてくるのです。
だからこそ、そのエッチは情熱的でありながらも、少し切ない感じがするんですよね。
そんな感じで、百合という世界に違和感なくエロを持ち込んだ作風が、ゆりゆめPの心を鷲づかみにしているのです。


主人公の雪乃は、売れなかった元アイドルなのです。
アイドルを辞めたあとは、所属していた事務所のマネージャー見習いとして働いています。
そんな風に夢やぶれた過去を引きずりながらも東京でひとり暮らしている時に、元ミュージシャンの岩井節子という女性に出会います。
最初は何となく不思議な人だなぁ、と思っていた雪乃でしたが、ある日節子に誘われるまま彼女に家にご飯を食べに行ったら、流されるまま彼女と共に一夜を過ごしてしまいます。
雪乃は恋愛経験こそなかったものの、同性をそういう対象に見る事なんて考えていなかったから、とにかく戸惑うのです。
でもやがて節子の好意の真摯さを知り、どんどん惹かれてゆくのです。
挫折を味わった寂しさを埋め合わせるかのように・・・。


こんな感じに、基本的に痛いです。
主人公はついつい周りにはいい顔しちゃうけど、黒い感情がどんどん溜まっちゃう性格なので。
雪乃と同じアイドルグループにいた子が、再出発して大ブレイクする展開とかもあるんですけど・・・そこがまたねぇw
雪乃自身は「応援してあげなきゃ」と思ってるんですけど、心の奥底では嫉妬が渦巻いているのですよ。
そういった矛盾した感情に葛藤しながら、自分の生きる道を必死に探っていくところがとにかく痛々しい。
そんな痛々しい状況の中、自分を必要としてくれる節子にどんどん溺れてゆく過程が、もう切なくてグッと来ます。

百合ってある意味ファンタジーな世界を描くジャンルだから、あまり生々しい感じのって少ないんですよね。
まあ、そこが萌えるポイントではあるんですが。
『オクターヴ』は、そういう百合とは逆ベクトルに位置する作品で、普通の恋愛マンガのようにドロドロな部分を前面に押し出している所がツボにハマりました。
しかもこういう方向性でも、ちゃんと百合を表現できるのが凄い。
ホント、色々と衝撃を受けた作品です。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。