ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エビスさんとホテイさん
ゆりゆめPは、その名の通り百合が大好きなのです。
せっかくブログをやっているので、ゆりゆめPのお気に入りの百合作品を紹介しようかなと思います。



エビスさんとホテイさん (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)エビスさんとホテイさん (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
きづき あきら サトウ ナンキ

芳文社 2010-08-11
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



百合アンソロジー『つぼみ』に連載されていた『エビスさんとホテイさん』です。
ええ、ゆりゆめPは『つぼみ』を毎号買ってますよ?
百合というと、だいたいが少女同士の純粋な心の交流を描いてるってイメージがありますが・・・。
これは珍しく社会人同士の百合なのです。
そして、かなりドロドロしてます。感情的にw

ホテイさんは大手企業の地方支社に勤めるOLさんなのです。
実家暮らしで、可愛いものが好きで、仕事はちょっと出来ないけど同僚のOL達と仲良くやってる一般職のOLなのです。
そんな中、仕事をバリバリ出来るエビスさんが本社から異動してきます。
エビスさんは本社の出世コースを下りて、わざわざ地方支社に一般職で異動してきた変わり者なのです。
彼女は「残業はしません」と言って、毎日定時に上がってしまいます。
当然ホテイさんを始め、周りのOLさん達には大ひんしゅくです。
でも、エビスさんは仕事が出来るため、定時に上がってもホテイさん達より成果を上げているのです。

ホテイさんは、そんな”できる女”のエビスさんが大嫌いでした。
周りのOLさん達をけしかけて、エビスさんをイジメたりします。
でもエビスさんはそんなイジメをものともせずに淡々と仕事をこなしてゆくのです。
ますますホテイさんのイライラは募ってゆきます。

そんなある日、ホテイさんはエビスさんの秘密を知ってしまうのです。
その秘密のため、エビスさんは本社の出世コースを諦めて地方支社に異動してきたことも。

その秘密を介して、エビスさんと親しくなってゆくホテイさん。
エビスさんの事は大嫌いなはずなのに、どんどん気になってゆくのです。
気が付いたら、いつもエビスさんの事を考えているほどに・・・。

ホテイさんは嫉妬しているのです。
何も考えずにOLをやっている自分とは違って、バリバリ仕事ができて格好いいエビスさんに。
しかもエビスさんはホテイさんと同い年なのです。
同い年なのに、エビスさんを見ているとどんどんみじめな気持ちになってくるのです。
やがてホテイさんの”嫉妬”という感情がどんどん膨らんで、ホテイさん自身にもその感情の正体が何なのかわからなくなってゆきます。

そしてホテイさんは気づくのです。


あたし達は『女同士』だけど、女だという以外何もかもちがいすぎて相手の事なんて全然わからない。
女同士だから余計にわからないのかもしれない。
『愛』なのか『憎』なのか、カードの裏表みたいに・・・。



この感情のすれ違いが、切ないですよね。
男女間の恋愛なら、立場も何もかも違うからお互いに折り合いを付けてやっていく事ができるんでしょうけど・・・。

ホテイさんは自己嫌悪に陥ったりもしながらも、どうしてもエビスさんの事が気になって仕方がありません。
それどころかエビスさん事が放っておけなくて、色々と手助けをしてあげたくなっていくのです。
ドロドロとした感情を抱えながらも、ホテイさんはエビスさんに惹かれてゆくのです。
そしてやがてホテイさんは自分の感情と向き合い、その”感情”がどう言った意味を持つものか気づくのです。


この作品の素晴らしい所は、ホテイさんの感情を丁寧に追っている所なんですよね。
エビスさんに対するドロドロした感情を抱えたまま、彼女にどんどん惹かれてゆくのです。
そのドロドロした感情の先に、彼女自身が本当の気持ちに気づくシーンなんか、もう鳥肌が立ちました。
人が人を好きになる瞬間って、こんなにも美しいものかと。

百合って女の子同士という特殊な状況の恋愛です。
その特殊さ故に抱えてしまう葛藤とか、それ込みで描かれるからこそ美しいと思うのです。
『エビスさんとホテイさん』は、葛藤どころか女性のドロドロした情念を上手く描きながらも最後は爽やかな読後感を与えてくれる素敵な百合作品です。
ホント、お薦めです!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
ほんと素敵な漫画でした!!
2010/11/08(月) 01:54:08 | URL | byてん (#-) [ 編集]
素晴らしい百合マンガですよね!
こういう、自分の感情に戸惑いながらも気づいていくお話は百合的に最高です。
2010/11/08(月) 22:56:21 | URL | byシーマ (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。