ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリキュアオールスターズ ニューステージ
やっと、やっと見れました!
『プリキュアオールスターズNS』を!
アマゾンから発売日に届いてたんですけど、見ようとしたらなぜかエラーが出て再生できなくて・・・。
ユーザーサポートに送って調べて貰ったんですが、ディスク自体には異常がなかったようなんです。
でも、ディスクについた汚れが信号読みとりエラーを出してたらしく、機種によっては再生ができない原因だったっぽい。
ディスククリーニングを施して貰ったブルーレイディスクが、今日届いたというわけなのですよ!

プリキュアオールスターズ自体は4作目なんですけど、今回のNSは前3作のDXシリーズとは設定を共有してないみたいですね。
NSオリジナルの主人公、あゆみをメインにして、スイートプリキュアとスマイルプリキュアの活躍に主軸をおいた話になっています。
なのでプリキュアの絡みも、先代のスイートプリキュアとスマイルプリキュアがメインになっていて、それ以前のプリキュアはゲストキャラ的な位置づけなんです。

この部分は、公開当初から色々あったようですね。
というのも、初代からプリキュア5のキャラクターは出演はしてるんですけど、台詞がない状況でして・・・。
でも、それはしょうがないのかなぁって気もします。
なんせプリキュアは総勢28名ですからね。
それで物語を回そうとすると・・・無理過ぎます。
プリキュアの映画は就学前の女児がメインターゲットなので、彼女たちが飽きないぐらいの上映時間・・・70分前後という制約もありますし。
NSは、まさにオールスターズでの新しい表現方法を模索している感じなのです。
この映画だけに出てくるプリキュアがいたりとかしますし。

などとちょっと難しい事を書いてしまいましたが、映画としては最高に面白いですね。
思い切ってメインを張るプリキュアを絞ったおかげで、ストーリーも主軸を絞ってしっかりと描けていますし。
ただ少し残念だったのは、映画用の主人公を作っちゃったために、スマイル勢の印象がちょっと弱い気が・・・。
あ、でもそこはみゆきが大暴れしてくれたから大丈夫か。
みゆきひとりで、スマイルプリキュアの世界観を語ってるようなものでしたしw
いきなりあの登場の仕方はねーだろって思うような登場の仕方をしたり、敵に頭突きをしたりと、さすがみゆきと思わせてくれるような大活躍!w

あ、あとスイートプリキュアの面々も良かった!
相変わらず響と奏のラブラブぶりが良いですね。
やっぱりこの二人は夫婦だわw
アコの突っ込みも冴えてたし。
エレンは、いつものボケがなかったので、何か頼れるお姉さんになってたのが笑えましたw

いやー、本当に楽しかった。
あとでもう一回見ようかな。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。