ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリキュアミュージカルショーへ行って来たよ!
スマイルプリキュア23話を見終わった熱気が冷めやらない内に、プリキュアミュージカルショーへ行って来ました!
プリキュアミュージカルショーは親子連れが多いイベントだったんで、行くかどうしようか迷ったんですが・・・地元で公演があるという事で決心したんです。

期待と不安を胸に抱いて電車で会場に向かいます。
ちなみに会場は、ゆりゆめPの家からは私鉄で10分もかからない所にありますw
この会場は、松戸市という東京からのアクセスも良い場所だからか、結構色んなコンサートとかやってるんですよね。
数年前、水樹奈々が大好きな友達が、わざわざライブを見にこの会場まで来てましたから。

早速最寄り駅へ到着。
駅に着くなり、親子連れが目立ちます。
うん、たぶんこの親子はみんなプリキュアミュージカルショーへ行くんだろうなw
駅から会場までのバスが出ているんですが、実は歩いて行ける距離だったりします。
大人の足で10分ほどなので、それなりに距離があるし、土地勘がない人は迷っちゃいそうな小さい道を進む事になるんですけど。
まあ、遠くから来た人はバスに乗った方が無難ですよねw

ちなみにゆりゆめPは、この会場には多少縁がありまして。
中学の時、体育館を立て直していたので卒業式はこの会場でやったのです。
成人式もここでやったなぁ。
そこそこ収容人数があるから、結構使い勝手の良い会場のようなんですよね。
だから・・・ここに来たのは成人式以来か。
もう何年前だっけ?w

IMG_0477.jpg

会場前に到着。
外からでもわかるぐらい、親子連れが並んでます。
こ、この状況に、ひとりで特攻をかけなければならないのか・・・。
これは結構ヘビィだぜぇ・・・。

ロビーに到着。
えーと、何というか・・・幼女だらけでしたw
右を見ても左を見ても幼女だらけw
大好きなプリキュアのショーがもうすぐ始まると言うことで、みんなテンションが凄く高いw
そして居心地の悪いゆりゆめP・・・。
なにこれ? 試練なの? 乗り越えなきゃいけないの?
親子連れのほんわかオーラが充満していて、何だかここにいることが憚れちゃうような気分になってきますw

でも驚いたのは、男子トイレの中も幼女がうようよと・・・w
お父さんに連れられて入ってくる幼女が多いのです。
ほとんどが幼女とお母さんだから、女子トイレの混雑具合がとんでもない事になってるので、お父さん連れの幼女は男子トイレに入ってくるというカオス・・・。
何というか・・・トイレに幼女がいると凄く気まずくて用を足しづらかったですw

プリキュアといえば、公式グッズに幼女向けのコスプレ衣装・・・もといなりきりセットが発売されてるんですが、それを来てくる幼女も結構いましたね。
ハッピー、サニー、ピース、ビューティ・・・そして昨日発売されたばかりのプリンセスハッピーもいるじゃないか!
流行に敏感な幼女もいるんですね。

・・・あれ? マーチがいなくね?

うぅむ・・・幼女にはマーチの受けがあまり良くないってのは本当だったのか・・・。
百合好きに取ってマーチは、百合の起点となる重要な存在だからマーチ大好きなんですが・・・。
幼女と大きなお友達の好みは、こうも違うというわけですね・・・!

開場時間になりました。
親子連れが並んでるから、とりあえず並んでみたら、この列は当日券購入の列だったみたいです。
凄い人気だ・・・。
会場の人も、「全員座れないので立ち見になります」って言ってるし。
さすがプリキュア。伊達に9年も続いてる人気シリーズじゃありませんね。
とりあえず、指定席を購入していたゆりゆめPは、悠々と会場入りする事ができましたw

会場に入ると・・・ミュージカルショー限定グッズだと!?
それは予想外だった・・・。
物販スペースがあるとは思ってたけど、まさか限定グッズとは・・・。
バンダイにとって、プリキュアは金のなる木なわけだ!(汚れた大人的思考)
ちくしょう・・・買えばいいんだろ、買えば!

というわけで、パンフレットと団扇とキーホルダーを買いましたよ!

戦利品01

戦利品02

団扇は、表はミュージカル仕様。

戦利品03

裏面はプリンセスフォームになってます。

戦利品04

ミュージカル仕様+プリンセスフォームですね。
ちょっと大きめだから、カバンなどに付けると良い感じかも?


ふぅ・・・とりあえずグッズはゲットだぜ。
さて、席に移動するか。
S席の後ろの方・・・通路側なのだ。
会場からすれば、真ん中寄りの席ですね。
映画とかだとここら辺の位置が全体を見渡せて一番良いですからね!

隣には親子連れだ。
幼女の方はコスプレしてるけど・・・ビートだと!?
みんなスマイルのコスプレをしているなか、ひとりだけビートのコスプレとは・・・この幼女、やりおるw
そして左隣にも・・・親子が座りました。

うわぁ・・・両サイドを親子に囲まれてる。
凄く居心地がわるいぜ・・・w


ちょっと待て! ビートのコスプレした幼女が暑いとか言って服を脱ぎ始めたぞ!?
親も何事もなかったかのように着替えさせてるし!

どういう事なんだよ、これは!w

何も悪いことをしていないのに、この気まずさは一体何なんだ・・・?
とりあえずツイッターにつぶやき続けてやり過ごそう。

そうこうしていたら、開演の合図が!
まずはプリキュア達からミュージカルショーの注意事項の説明が始まります。
あかねがカメラの撮影や飲食を「あかんでー」と関西弁で言っていたのですよ。
そして次になおが他の注意事項を「あかんでー」と言って説明していたのです。
あかねがすかさず「関西弁真似すんな!」と言ってます。

なんてこった・・・。
注意事項にまでなおあかを仕込んでくるなんて・・・。
プリキュアミュージカルショー・・・レベルが高いぜ!

そして幕が上がって始まるかと思ったら、お姉さんが出てきて色々説明してました。
プリキュア達の注意事項の補足ですね。
・・・しかしこのお姉さん、制服のような格好でミニスカートが眩しいんですが。
これは・・・ありだな!

そんな邪な心を抱いてたら、本編が始まりました。
ネタバレは極力避けるつもりだから、ストーリーの解説とかは書きません。
学校の書き割りがあるから・・・舞台は学校のようですね。
おお? 制服姿のみゆき達が出てきた!
すげー。普段プリキュアショーと言えば変身後の姿しか出てこないのに。
制服姿の着ぐるみは初めて見た。
うん、結構可愛いぞ。

着ぐるみショーなので、アドリブとかは出来ないと思ってたんですけど、台詞がないシーンの演技は結構アクターさんがアドリブいれてるっぽいですね。
だって、学校のシーンで、なおとかあかねが喋ってる時に、みゆきがれいかさんの隣に座ってイチャイチャしてるんですよ!
みゆれい・・・みゆれいなのか!?
おお、よく見ると台詞がないキャラは結構自由そうに細かい演技してる!
すげー、コイツはすげー。
なおは相変わらずあかねにベタベタしてるよ!
うわー、うわー・・・。

これは美味しいです。

そしてウルフルンさんとアカンベェが登場!
着ぐるみショーだと、三幹部はウルフルンさんしか出てこないのですねw
一番人気が高くて着ぐるみを作りやすいからだろうなぁw

そして戦闘!
着ぐるみでアクションすげー!
殺陣をこなしながら台詞とタイミングを合わせるとかすげー。
さすが着ぐるみショーは歴史があるから、こういう演出が実に洗練されてますね。

ミュージカルショーだから、プリキュア達も歌って踊りますよ!
まだキャラソンはCDが発売されてないから、実はこのショーで初めて聞きましたw
ミュージカルらしく脈絡もなく歌い出すのが何とも素敵だなぁ。

あ、そうそう。ウルフルンさんにも持ち歌があるんですねw
めっちゃノリノリでダンスを踊ってました。
ウルフルンさん・・・普段はかっこつけてるくせにお茶目だなぁw

面白くて夢中になって見てたら、休憩時間に入りました。
おお、気づかなかったけどもう1時間も経過していたのか・・・。
しかし休憩時間が20分って長くないか?
まあいいか。とりあえずトイレに行こう。

相変わらず男子トイレにも幼女がわちゃわちゃいるので居心地が悪かった。
用を足して外に出ると・・・休憩時間が20分もある理由がわかりました。
プリキュアは幼女向けだから、見に来ているの幼女ばかりなんですよ。
そして幼女を引率するのは大体がお母さんなわけで。
つまり、女子トイレの混雑ぶりがえらいことになってましたw
壁サークルかって思うぐらい並んでます。
そりゃあ休憩時間が10分だったら短すぎるよなぁ。

他のグッズも物色していたら、ステージの方から再開のブザーがなってました。
おお、20分ってあっという間だな。
席について待ってると、お姉さん再び登場。
するとお姉さんは、幼女に向かって「みんなー、ダンスは覚えてるかなー?」と言ってダンスの振り付けをレクチャーし始めました。
プリキュアもお姉さんと一緒に、わかりやすく振り付けを教えています。
あぁ、なるほど。休憩から遅れて戻ってきても本編を見損ねないような配慮なんだ。
これはなかなか上手い事考えたなぁ。

一通り解説が終わったら、今度は音楽を流して一通り通しで踊って見せてました。
どうでもいいけど・・・お姉さん、ミニスカートなんですよ。
踊るとスカートも揺れて見えそうに・・・。
実際はスパッツみたいなのを穿いてたけど、それでもこの光景は刺激的だ。
刺激的と言えば、お姉さんが踊るとヘソが見えるんですよ。
ヘソチラがこんなに破壊力があるものだとは思わなかった・・・w
もうプリキュアそっちのけでお姉さんをガン見してました。ええ、してましたさ!w

そして後半。
物語も盛り上がってきて、ウルフルンさんとアカンベェが登場。しかも2体も!
みゆき達は制服バージョンだったので、「プレイキュア、スマイルチャージ」と叫んで変身します。

そう、変身なんですよ。


それまでも何度か変身はしてるんですけど、その時は舞台を暗転させてその間に入れ替わってるんだなぁって感じなのですが・・・。
クライマックスでの変身シーンは、舞台袖から人が一人隠れられそうな板が左右から出てくるのです。
例の変身BGMが流れる中、横に流れる板がみゆきの前を通過したら・・・

キュアハッピーがそこにいたのです。


ハッピーだけじゃありません。
サニーもピースもマーチもビューティもいます。
板がみゆき達の前を通過したのはコンマ何秒だったはず。
それなのに、目の前にプリキュアが現れていたんです。
これは本当にビックリしました。
まさしく変身ですよ、これは。
プリキュアミュージカルショーすげー・・・。

プリキュアとウルフルンさん達のバトル開始です。
クライマックスというだけあって、アクションがメチャメチャ激しいです。
ハッピーとウルフルンは、一段上の所から側転して降りたりしてました。
着ぐるみなのに・・・すげー!
しかし、プリキュアの善戦虚しく、ウルフルンさんたちに押されて大ピンチ!

そしたら、幼女達が「プリキュアがんばれー!」と割れんばかりの声援を送るのです!


やばい・・・これはやばい・・・。
幼女達は本気でプリキュアを応援してます。
ミュージカルショーの台詞が聞こえなくなるぐらいの大声援です。
この時、会場に一体感が生まれます。
凄い・・・これはゾクゾク来る・・・。
見ているだけでわくわくしてくるのです。
このライブ感が凄い・・・。

幼女達の声援を受けたプリキュアは、勢いを取り戻して見事大逆転!
最後はプリンセスフォームまで披露するという大盤振る舞い!
いつの間にフォームチェンジしてたんだ! わからなかったぜ!

そして大団円のあとに、プリキュア達のダンスが始まります。
会場が明るくなり、幼女達が待ってましたと言わんばかりに立ち上がって踊ります。
僕の隣にいた幼女は、椅子から跳ね上がらん勢いで飛び出していったのでちょっとビックリですw
通路に近い幼女たちは、通路に出て踊ってます。
前を横を後ろを見渡しても、幼女達が一生懸命踊っているのです。
そりゃあ幼女なので振りを完全に覚えてなくて、ダンスとしてはメチャクチャだったりする子もいるけど・・・みんなとにかく楽しそうな顔をしています。
心の底からプリキュアとダンスを楽しんでるという顔です。
見てたら、何だかこっちも穏やかな気分になれましたw

ちなみに親御さんたちは、必至に娘達の晴れ姿を写真に収めるのを頑張ってましたw
親子揃って楽しめるって・・・こういう事なんだなぁ。

そしてED曲を踊り終えたら、今度はウルフルンさんたちも含めた全員でOP曲のダンスを踊ります。
ちょw ウルフルンさん、めっちゃノリノリですよw
本編でも切れのある踊りを披露してたのに、まだまだ踊り足りなかったのか・・・そんな風に思えるハッチャケぶりでした。
もちろん幼女達も踊ります。
ED曲と違って、事前に振り付けを教わってなかったから、なんかもうグダグダですけどw
でも彼女達はそんな事は気にしません。
心の底から踊っているのです。
楽しいという感情が彼女たちを突き動かしています。
これはホント・・・凄い光景だ。
やばい。感動する・・・。


大盛況のうちにプリキュアミュージカルは幕を下ろしました。
凄かったと余韻に浸っていたら、ステージ上には再びプリキュア登場です。
お姉さんも現れて、どうやら幼女達によるプリキュアへの花束贈呈が行われるようです。
なるほど。ロビーとかで花束を持った幼女をいっぱい見かけたのは、このイベントの為だったのですね!

花束贈呈のルールはこんな感じ。
舞台左の階段からステージに上がって、好きなプリキュアに花束を上げて、右の階段から下りる。
ふむふむ。これならスムーズに行くね。
慣れてるって感じです。

そして幼女達が花束をプリキュア達に渡します。
ビューティ人気すげー。
序盤でビューティに花束を渡す幼女が続出だから、ビューティも持ちきれなくなってます。
大人気。
青プリキュアは伝統的に幼女キラーだって話はよく聞きますが・・・その人気ぶりを実感しました。

ピースは大きなお友達には人気だけど、幼女人気はイマイチって噂は聞いてましたが・・・全然違いましたね。
ビューティに次ぐぐらいの人気ぶりですよ。
ピースの可愛さは、幼女にも可愛いと思われてるのかもしれませんね。

そして安定のハッピー。
主人公は強いなぁ。コスプレ幼女もハッピーが圧倒的に多かったもんなぁ。

サニーとマーチは・・・他の3人比べると少ないような印象でした。
なおあかなのに、NISSANコンビなのに・・・。
幼女にはこの二人の良さはまだ早いのですね。そうですね、そうに違いない。

ステージ間際では、お父さんお母さん達がカメラを持ってプリキュアとのツーショット写真を狙ってましたw
お父さんお母さん、大変だなぁ。
でも、子供のためだから凄い頑張りです。

僕もそんなお父さんお母さんの熱気につられて、ついつい写真を撮っちゃいましたw

花束贈呈


くっ、こんな事なら一眼レフを持ってくれば良かった。
肉眼ではそんなに感じないんですが、カメラを通してみると会場は意外に暗いんですよ。
しかもステージにはスポットライトが当たってます。
iPhoneの光学センサーじゃ、スポットライトの光量を捌ききれない!
露出光量を調整できないから、上手く撮れない!
被写体をクリックすれば、対象に合わせてピントと光量を調整してくれますが・・・それでもこんな感じです。
次行くことがあれば、今度は一眼レフ持っていこう。

しかしそこの大きなお友達!
幼女に紛れて何プリキュアに花束渡してるんだよw


何かこう・・・プロの意識を感じましたw
スイートからプリキュアにハマった僕にはとうてい到達できない域ですね、あれは・・・。


そんなこんなで、プリキュアミュージカルショーは楽しかったです。
周りが親子連ればかりという居心地の悪さはありますが・・・そこさえ乗り切ればプリキュアの世界を体感できます。
皆さんも、是非地元にプリキュアミュージカルショーが来たら行ってみてください。
これはホント凄いです。エンターテイメントです。
やばいなぁ・・・これはハマりそうだわw
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
もう手遅れですねw
そういえば、前に挿入がどうたら言ってましたが
なにかが、ティンと私に降臨しました
??『男の娘に変換すれば良いピヨ』
と、何かが言ってました
2012/07/23(月) 00:43:27 | URL | by名無しのぬこ (#-) [ 編集]
ええ、もう手遅れですw
映画のグッズ付き前売り券も買っちゃいました。
もうやばいですね。プリキュアは生きる糧になってますw

男の娘と百合百合エッチですか!?
そ、それはいいかも・・・。
2012/07/23(月) 15:29:32 | URL | byゆりゆめP (#-) [ 編集]
私も

プリキュアにはまっている
2013/08/19(月) 21:43:39 | URL | by永江聡 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。