ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日だったのでラノベ読んでた
ふと情報系のサイトで『魔法少女育成計画』というラノベが紹介されていて、面白そうなので買ってみました。
だってあらすじがぶっ飛んでるんだもん。

完全無料を謳い文句に大人気のソーシャルゲーム『魔法少女計画』は、1万人に1人の割合で本物の魔法少女を作り出すゲームだったのです。
魔法少女になった彼女たちは、困った人たちを助けると”マジカルキャンディー”というアイテムを入手する事ができるのです。
そして16人目の魔法少女が誕生したとき、運営から「魔法少女が増えすぎたので半分にします」という通達が。
一週間に一人、マジカルキャンディーの獲得数が一番少ない魔法少女が脱落するルールが採用されるのです。
最初の一週間は特に誰も気にもとめなかったのですが、実は魔法少女から脱落するとシャレにならないペナルティが課せられる事が明らかになるのです。

そこからがもう凄い。
生き残るために地道にマジカルキャンディーを稼ぐ者、生き残るために協力し合う者、そして・・・他人を蹴落としてマジカルキャンディーを強奪しようとする者が現れたり!
みんな生き残るために必死で、だんだんなりふり構ってられない行動が目立ってきます。
そんな風に白熱した中盤で、運営から課金アイテムの提供がアナウンスされます。
完全無料を謳っているから、アイテムの代償は金銭ではなく・・・。
しかし、そのアイテムは相手を陥れたり、または身を守るためには便利なものばかり。

運営は、着実に彼女たちが殺し合う方向へ行くように煽りまくるのです。

もう・・・最高ですね!

現実のソーシャルゲームと同じように射幸心を煽りまくって、読んでて背筋が寒くなりましたw
それでいて、彼女たちが生き残るためにどのような決断を下すのかがもう緊張感溢れて・・・。
気づいたら1日で読み切ってしまいました。
いやー、本を読んで手に汗握るって、久々だったなぁ。


しかし、このラノベに出てくるマスコットがゲス過ぎて楽しかったですw
語尾に「ぽん」付けててイラっと来るんですが、言ってる事は外道丸出しなんです。
魔法少女たちを煽って煽ってあおりまくります。
そしてラストは清々しいぐらいのゲスっぷりを披露してくれましたw
良いですね、実に良い。
こういうマスコットも、嫌いじゃないぜw

・・・でも、QBにはちょっとかなわないかなぁ。
QBのインパクトはホント凄かったもん。
可愛らしい声で「何言ってるのやれやれ」と見下した口調が本当に殴りたくなりますし、その無表情ぶりに恐怖を覚えましたから・・・。
やっぱQBは外道マスコット界ではかなうものはいないなぁw
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
まどかか
機会があれば、みてみよう

sm18210850
凄まじい破壊力、舞さんに喰われる、絵理に弄られる
そんな涼ちんを創造した
2012/06/30(土) 00:47:24 | URL | by名無しのぬこ (#-) [ 編集]
凄まじい破壊力でした・・・。
これは目覚める人続出しちゃいますねw

涼ちんは総受け。
それが宇宙の真理!
2012/06/30(土) 22:05:01 | URL | byゆりゆめP (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。