ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵師さんについて


ホント、このサムネのイラストは素晴らしいですよね。
今回、アイマスカテゴリでデイリー14位を獲得できたのも、このイラストがあったからだと思いますし。
実際、このイラストに釣られて動画を見てくださった方も多かったみたいなんですよ!

というわけで、今回の『やめてください舞さん 第3話』で素晴らしいイラストを描いて頂いたk mさんについてお話したいと思います。

ゆりゆめPはピクシブにアカウントを持っているのです。
ミク絵やアイマス絵を収集のために取ったアカウントですがw
まあ、そんな感じで日課の涼ちんイラストを集めていたのです。
そうやって巡っていたら、やけに可愛らしい涼ちんを描いてる方を見かけました。
絵柄がゆりゆめPの好みにドストライクだったのですよ。
なのでお気に入りユーザーにして、しばらく見守る事にしました。

それから一週間ほどが過ぎ・・・。
こんな絵が投稿されていたのです。

これは素晴らしいとしか言いようがありませんでした。
エロ絵ですけど、涼ちんの大事な所は隠れています。
ですが、涼ちんの表情がもの凄くえろいのです!
何というか・・・直接的なエロさではなくて、間接的なエロさなんですよ。
温泉らしきロケーションと、湯に浮かぶ紅葉・・・そして涼ちんの切なそうな表情・・・。
見た目のエロさだけでなく、想像力も刺激されるようなエロさ・・・。

もう、この絵の雰囲気に惚れました。


ゆりゆめPは、こういうのが大好きなんです。
エロはシチュエーションが命と思っているので、想像力を刺激されるようなエロさはたまりません!
ゆりゆめPが求めるエロさも、この絵のようなものなのです。
乱心してみたシリーズが敢えて直接的な表現を避けているのは、想像力を刺激して見ている人のえろいツボを押したいからなのです。

この方の絵の方向性は、ゆりゆめPが描きたい方向性と似ていると感じたのです。

実は、『やめてください舞さん!』を作り始めてから、既存の素材だけで表現するのに限界を感じていたのです。
2話の電車のシーンは何とかそれっぽく仕上げる事ができましたが、これ以上のえろシチュエーションを立ち絵だけで表現するのには無理が出てきていたのです。
3話のシナリオも、欲望の赴くまま書いていたら、足コキシーンが出てきたりして・・・。
今だから言いますが・・・

歪氏の立ち絵だけでどうやって表現すれば良いのか、途方に暮れてましたw


一応舞さんがテーブルに座っていて、文章だけで下がどうなってるか想像させる・・・みたいな事を考えていたんですが、どう考えてもインパクトに欠けるのです。
文章でそれっぽく演出はできても、動画としての面白味には欠けますから・・・。


そんな時だったのです。k mさんの涼ちん絵に出会ったのは。


この方の絵だったら、きっと『やめてください舞さん!』の世界観にも一致します。
いや、それどころかもっとエロい動画にする事も夢じゃない!
そう思ったので、動画のイラストを描いてくれないか頼んでみました。
幸いk mさんが興味を持ってくださったので、今度チャットで打ち合わせをしましょうという事になったのです。

早速イメージに近い画像をネットから拾い、3話のシナリオと一緒にk mさんにお渡ししました。
細かいニュアンスは口頭で伝え、僕のイメージを事細かに伝えたのです。
k mさんも僕の言わんとする所を理解してくれているみたいで、とても充実した打ち合わせになりました。

翌日、どんな絵に仕上がるのか楽しみにしながらネットを見ていると、k mさんからラフが出来たので見て欲しいという連絡があったのです。
は、早い・・・まさか翌日にラフが出来上がるなんて思ってませんでしたw
そしてそのラフを見てみると・・・

まさにイメージ通りの舞さんの姿がそこにありました。


想像以上の破壊力でした。
そしてそれ以上にビックリしたのは、舞さんの仕草でした。
イラストでは、舞さんがテーブルに片肘を着いて、挑発的な視線をこちらに送っているのです。
打ち合わせではアングルとどういう状況なのかは説明していたんですが、舞さんの仕草については特に指定をしていなかったんです。
k mさんは、僕との打ち合わせの内容を踏まえた上で、シナリオに描かれている舞さんを見事に表現してくれていたのです。
もう、このラフを見た瞬間に「勝った!」と思いました。

素晴らしいイラストを描けるだけでなく、僕の考えている事も理解してくれた上で、僕の想像以上のイラストを描いてくださるんですから!
k mさんに出会えたのは本当に幸運でした。
3話の結果は、まさにk mさんなしでは達成できませんでした。
いや、ホント感謝してもしたりないぐらいです。


そんなわけで、ゆりゆめPはk mさんにベタ惚れなのですw
引き続き『やめてください舞さん!』のイラストも担当してくださるので、これからもこのシリーズには期待していてくださいね!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。