ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミケへ行ってきました!
ゆりゆめPの主ジャンルはアイマスとボカロと評論なので、2日目と3日目に参加してきました!
「評論とは何ぞや?」とお思いの方もいらっしゃるでしょうからご説明致します。

評論ジャンルは・・・その名の通り、ある出来事に対して考察した文章を本にまとめているモノの全般を指します。
このジャンルの面白い所は、大手出版じゃまず出版されないような面白本がたくさんあるんですよ。
例えば、ボールペンの批評本があったりするんです。
どのメーカーのボールペンの使い勝手とか、そういうをカタログ風に解説していたり。
こういう「誰がその情報を欲しがってるの?」と思えるような本があったりするんですよ。
そういうのを見て回るだけでも凄く面白いのですw

おっと、ここは一応ニコマスPのブログなんだから、一応アイマスに関係してる記事を書かないと。
せっかくなので、ゆりゆめPが入手したお気に入りの同人誌の紹介をしようかと思います。


まず最初は、サークル:キスミーセシル『かみさまの前のルルヴェ』です。
委託販売されてるようですね。
ここのサークルさんの同人誌は、以前涼オンリーイベントの時に初めて買ったんだっけな?
確か最初に買ったのは、夢子とあずささんが出会う話の奴でした。
この方の描くマンガは、とにかく少女マンガっぽいのです。
特に心理描写が素晴らしい。
男であるゆりゆめPには、キャラクターの感情に時々付いていけない場合があるんですけれど、そういう部分を含めて女の子らしいリアリティが詰まっているというか・・・。
アイマスのキャラって、どっちかという女の子のズルい部分というのは敢えて描いてないじゃないですか。
ですが、ここのサークルさんのアイドルは、あくまでも等身大の女の子として描かれているのです。

例えば、『かみさまの前のルルヴェ』では、主人公である亜美がクラスメイトたちの噂話を聴きながらこう思うのです。


『あれ?』って初めて思ったのは入学間もない頃
どうやら亜美は『皆』じゃないっぽいです



亜美はアイドルをやっているからただでさえ目立ちます。
だから彼女は、クラスで浮かないように距離を取りながらクラスメイトと接していくのです。
それこそ悪い噂を流されないように気を遣いながら・・・。

この作品は、そういう女の子同士のグループの生々しい描写を容赦なく描いてきます。
アイマスを題材にこんな事まで描いちゃっていいのかって思っちゃうほど、その描写は辛辣です。
でも、その辛辣な描写があるからこそ、中盤以降の亜美の悩みがリアリティを持って重くのし掛かってくるんですよね。

そう。この作品は、アイマスのキャラを使って思春期の不安定な心を描いているんです。
それが凄く新鮮でした。
アイマスキャラは、基本的にサザエさん方式というか、年を取らないことを求められています。
人間的な成長はあっても、年は取らない事が前提にある気がするのです。
だけどこの作品は、亜美の思春期を思いきり描いているんですよね。
それが新鮮であり、圧巻でした。
彼女を”偶像的な意味でのアイドル”として描かず、”ひとりの女の子”として描く・・・。
そうなると、もちろん亜美の嫌な部分も描かなきゃならないわけですし。
でも作者はそこを逃げずにきちんと描ききりました。
これは凄い事だなぁ、ってゆりゆめPは思うのですよ。


続いてはサークル:noPland『ONE』です。
きゅんパイアをネタに、たかいおでヴァンパイアをやっています。
これがもう素晴らしい!
ヴァンパイアものとしての悲しい宿命とも取れるし、百合ものとしても取れるのです。
この切なさがたまんねーw
ちょっと検索をかけてみたんですけど、委託販売は予定されてないっぽいですね。
残念。


そしてお待ちかね、エロ枠ですw
サークル:AERODOG『ちんちんかもかも』です。
タイトルからしてもうw
りょうゆめですよ、りょうゆめ!
男の子だってバレてる涼ちんと夢子のラブラブでえっちな同人誌なのですよ!
この方の絵柄は好きだから、以前からポツポツ同人誌は買っていたんですけど、まさかエロをやってくれるとは思いませんでした。
いやー、もうごちそうさまって感じですw
委託販売はこっちでやってるみたいですね。



そんな感じで、お気に入りの同人誌紹介でした!
今年は小鳥さん本をゲットできなかったのが残念だけど・・・満足のいく戦果でした!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。