ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白い事になってきたw
いやー、昨日のスマイルプリキュアは最高でしたね!
捕らわれた仲間を助けに行く、というシチュエーションが熱くて最高でした!
しかしジョーカーの精神攻撃はきつかった・・・。
なおにあのリレーの事を思い出させるとか、鬼畜過ぎる・・・。
あれは見ていてこっちの心もえぐられましたw

本編も最高だったんですが、予告もまた見所がたくさんでした!
来週の話は映画村へ行ったプリキュアの話のようなんですが・・・

お姫様のコスプレしたれいかさんに、くの一として仕えるなおが出てるシーンが!

なにこれ萌える・・・。
いわゆる主従萌えって奴なのか・・・!?
予告だけでこれほどの萌えシチュエーションを入れてくるとか、侮れない!

そんな感じになおれいだけでも萌え殺されるかと思ったのに、

ポップの人間形態だと!?

イケメンだけど幼さと可愛さが残る感じで・・・。
次の瞬間、僕の中では

プリキュアたちにエッチな事をされているポップの姿が思い浮かびましたw


百合だけでなく、おねショタ的な観点からもイケるじゃないですかこれは!
やばい・・・やばいよスマイルプリキュア・・・。


そんな熱い想いをツイッターでつぶやいたら、エロマンガ描いてる友人から「描こうか?w」というリプが返ってきましたw
僕もすかさず「お願いします!」と返信を送っておきました!
どうやら僕が考えたプロットを元に、エロマンガに起こしてくれるそうです。
うわー、凄く楽しみ!
というか、こんな流れになるなんて自分でもビックリですよw
スポンサーサイト
放置してちゃダメだから適当な近況でも書くか
熱いですねぇ。
9月も半ばだというのに残暑が酷いですね。
アイス食べたくなります。

書くネタがないわけではないのですが、暑いから長文を書く気力がなくて・・・。
あ、そうだ。腕時計を新調しました。
特にこだわりがあるわけじゃないんですが、Gショックを使ってるんですよ。
デザインが好みで、文字盤の大きいタイプがありますから。
今まで使ってたGショックは10年ぐらい使ってて、でも便利だから電池を取り替えたりしてできるだけ使ってたんですが、さすがにバックライトがいかれて暗いところでは時間を確認できない状態になってしまったのです。
なので思い切って新調しました。

ちょうど秋葉原にも行きたいと思ってたので、アキバのヨドバシへ行って来たのですよ。
アキバのヨドバシは便利ですよね。
カメラとか家電の品揃えが豊富だから、とりあえず電化製品を買おうと思ったらヨドバシへ行けば大体事足りますし。
それに普段、時計を売ってるお店をしらないので、とりあえずヨドバシに行けば何とかなるかなぁってw

しかし時計って凄いなぁ。
高級品だと目玉が飛び出るような値段ですよね。
でもまあ、僕はGショックのようなカジュアルな時計の方が好みなので、ここはチラッと眺めるだけですがw

さて、特にこだわりはないので、カシオのコーナーへ行きます。
Gショックなら1万ぐらいで買えるから良いですよね。ブランド力もありますし。
そうして色々見てたんですが・・・好みのデザインものがなかったのです。
僕は大きな文字盤のデジタル時計が好きなのに、1万前後のGショックは全部文字盤が小さくて・・・。
ちょっと予算オーバーだけど、ショウケースに置いてある方のGショックも見てみたのです。
こちらは2万~5万ぐらいの奴を置いてました。
そこで、お気に入りのデザインのGショックがあったのです。
文字盤も大きいし、何よりもデザインがクールだ!
しかもこのGショック、電波ソーラー時計ですってよ、奥さん!

腕時計の面倒な所って、どんだけ時計を合わせても何分かズレてくるんですよね。
長く使ってれば使ってるほどに。
でも電波時計なら、電波が届く範囲にいれば自動修正してくれるんですよ!
腕時計にこれほどピッタリな機能はないですよね。
しかもソーラー充電出来るタイプだし。
これはもう買った!

というわけで、予算オーバーでしたけど思わず買っちゃいましたw
靴と腕時計は、出来るだけ高いのを買った方が良いって個人的には思ってますから。
その方が長持ちして、長い目で見たら安物を買うよりコストパフォーマンスが優れてるんですよね。
だから今回もちょっと無理して買っちゃいましたw


よし、これで更新だw
特撮博物館に行って来たよー
先週の話なんですが、東京都現代美術館で行われている『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』へ行ってきました。

IMG_0592.jpg

やよいさんも大喜びですw

さて、この企画展、今ではCGなどのデジタル技術に押されてしまっている特撮を、その歴史と記録を紹介し、その価値を後世へ伝えるというテーマなのです。
僕は特撮にはあんまり興味はないですが、それでも子供の頃には再放送でウルトラマンや仮面ライダーはよく見てましたからね。愛着はあります。
それに何と言っても庵野秀明が企画して、しかも新作短編映画も観れるんですからこれは行かないわけにはいきませんよね!
実は最寄り駅が通勤経路上にあるんで、交通費もかからないし!w


入ってみてビックリしたのですが、来てる年齢層が幅広いですね。
親子やら中学生らしき集団から60代ぐらいの年配の方まで見かけました。
本当に幅広いです。
庵野秀明というネームバリューがあるとしても、年配の方々がこれほど多いとは思いませんでした。
特撮というのは結構幅広いファン層があるのですね。

最初のコーナーは特撮の歴史を振り返るコーナーです。
それこそ1950年代の特撮映画の紹介から入ってて、特撮に興味のない僕には初めて知る事ばかりでしたw
しかし凄いのは、その当時のミニチュアを実際に展示している所なんですよね。
何でも特撮のミニチュアって、撮影のための使い切りが基本で保存とかを考えてられていないそうで。
それを考えると、ここに展示されてるミニチュアが実は凄い価値を持っているのだと理解させられますね。

それにしても、半世紀近く前のものなのに精巧に作られてるよなぁ。
これはホント凄い。

そしてやっと馴染みのあるウルトラマンが出てきました。
ウルトラセブンのデザイン案とかもあって、テレビで見た姿とはカラーリングが違ったりして面白かったです。

そうそう。今回は、一足先に特撮博物館へ行って来た友達のアドバイスを受けて、音声ガイダンスも借りたのです。
これがまた凝ってるんですよw
ナレーションを冬月先生でお馴染みの清川元夢が担当しているだけでもかなり良い感じなんですけど、なんとこの音声ガイド、ゴジラのコーナーではゴジラのBGMが入ったり、それぞれの作品のBGMをバックに清川元夢の渋いナレーションが入るのです。
これはもうシビれますw
入場料が1400円で音声ガイドが500円なので、映画を一本見たと思えば安いもんですよ!

しばらく昭和時代の特撮紹介が続きます。
本当に1960年代から70年代って特撮全盛期だったんだなぁ。
この博物館で初めて知ったヒーローがたくさんでしたw

そうやって馴染みの薄い昭和時代のコーナーが終わると、平成時代の作品のミニチュア展示のコーナーに続きます。
平成ガメラシリーズなど、多少僕にも馴染みのある作品になってきました。
昭和時代までのミニチュアは、戦闘機やら宇宙船やらの乗り物ぐらいしか現存してないっぽいですけど、平成時代のはミニチュアセットが展示されているのです。
さすが新しいだけあって、色々残ってるのだなぁ。

しかし凄いなぁ。
平成時代まで来ると、ミニチュアの完成度が凄まじいものになってますね。
メチャメチャ精巧なんです。
平成版日本沈没で使われた崩壊した国会議事堂のミニチュアは、大きさもその精巧さにも圧倒されます。
これは凄い・・・本当に凄い・・・。
このスケール感はCGじゃ出せない迫力があるよなぁ。


さて、平成のミニチュアコーナーを抜けると、いよいよ新作特撮短編『巨神兵東京に現る』の放映コーナーです。
この特撮博物館のために撮られた、3DCGを一切使わない特撮映画なのです!
CG全盛期のこの時代に、敢えてアナログな方法で撮られた映画・・・わくわくしますね!

そして、見た感想なのですが・・・

とにかく凄かった!



いやね、特撮を使ってるからCGには叶わないでしょうって思ってたけど、凄い迫力なのです。
どう考えてもCG使ってるだろうって思えるシーンでも、アナログな方法を駆使して作られてる映像なのです。
ビックリした。特撮だけで作っても、ここまで迫力のある映画を作れるものなのですね・・・。

そしてこの特撮博物館の面白い所は、映画が終わったら、この短編映画の企画書や絵コンテなどを展示しているのですよ。
それだけではなく、メイキング映像と資料を惜しげもなく公開しているのです。
あのCGにしか見えないシーンも、ちゃんとアナログな方法を駆使して作られてるのを見て、本当に驚きました。
巨神兵のビームを浴びて、ビルが溶けながら爆発するってシーンがあるんですけど、これもCGを使ってないんだもんなぁ・・・ホント凄い。

とにかくこの短編映画には魂が籠もってました。
実際メイキング映像などを見てると、制作スタッフの特撮という技術を残したいという熱い想いがヒシヒシと伝わってきます。
こんな凄い技術が途絶えてしまうなんて、もったいないよなぁ。
そんな風に気持ちを動かされるほど、熱かったです。


巨神兵現るのコーナーが終わると、会場を地下に移動します。
ちなみに音声ガイダンスでは、この地下への移動時間を利用して、特撮に関わってきた方のインタビューを聞けたりします。
うーむ、色々凝ってるなぁ。

地下へ移動すると、かつて撮影所にあったミニチュアガレージを再現した空間が広がっていました。
戦車や戦闘機など、色々なミニチュアが所狭しと並べられていて何だかわくわくしちゃう空間ですね。
目と鼻の先で精巧なミニチュアを見物できるというのは、最高に楽しいですね。
・・・撮影禁止だから写真が撮れないのが悲しい所ですが。

ガレージを抜けると、今度は特撮に関する技術解説を行うコーナーに来ました。
これがホント凄い。よくこんな方法を思いついたなって方法がたくさんです。
高速道路と山の大きなミニチュアが設置されていたんですけど、限られたスペースで巨大感を出すために手前にあるミニチュアは大きめのサイズで作って、奥にあるミニチュアは小さく作ってあったんですよ。
展示位置の正面から見ると、高速道路を走る車が奥に向かった並んでるように見えるんですけど、横から見ると別スケールのミニカーを置かれていたのです。
これによって、設置面積よりも大きく見せる画面を作れているというわけですね。
凄いアイディアだなぁ。

そんな感じで、様々な特撮技術を解説されているから、見ていて本当に楽しかったです。
ホント、特撮というのは、誰も見たことない映像をどうやって画面上に作ってみせるのか・・・その情熱と職人の高い技術力によって生み出されたものだったのですね。
この熱意は本当に凄いです。感動しました。

友達と来ようかと思って誰も誘いに乗ってくれなかったから一人で来てみましたけど・・・これは一人で来て正解だったかも。
とにかく情報量が濃いので、自分のペースでゆっくり見なきゃダメですね。
展覧部分だけでも2時間ぐらいゆっくりかかってしまいましたし。
そのぐらいじっくり見るべきものでした。


展覧部分が終わっても楽しみはあります。
なんと最後に広いスペース・・・10m四方のスペースを使って、巨大なミニチュアセットが組まれているのです。
しかもここは撮影OKなのです!
ふふふ・・・このために今回は一眼レフを持ってきたのですよ!

DSC_0299.jpg


ちなみにどのくらい巨大だったかというと、このぐらいのサイズなのです。
ひとつのビルがこれだけの大きさなのです。
この大きさのビルがいっぱい並んで街を形成しています。
男の子だったらわくわくするシチュエーションですね!


DSC_0309.jpg


このミニチュアの向こう側に人がいけるようになっていて、窓から巨大な人を写せるという仕掛けになっているのです。
・・・僕は一人だったから、巨大怪獣になってくれる人を撮れなかったけどね!


DSC_0400.jpg


戦車かっこいいー!
これは燃える!

DSC_0415.jpg

DSC_0411.jpg


圧巻なのが折れた東京タワーとその残骸。
これが高さが4、5mもあるのです。
間近で見ると大迫力です。


こんな感じで夢中になって写真を撮りまくってました。
気づいたらこの撮影コーナーだけで1時間ほどいたという・・・w
これは一日いても飽きませんね!
もっといっぱい撮りたかったw


いやー、本当に楽しかった。
これはもう必見ですよ。
都内近郊に住んでる人は絶対に行った方が良いですよ!
こんなチャンス、二度とないかもしれませんし!


しかし、最後のコーナーでウルトラシリーズを編集した映像を流していたんですが、そこで5歳ぐらいの男の子達二人が、映像を見ながら「エースだ!」「タロウだ!」とかウルトラマンの名前を言い当てていたのですよ。
仮面ライダーに押されてウルトラマンの人気はイマイチと思ってましたけど、ちゃんと子供にも歴代ウルトラマンが浸透していてちょっと感動でした。
そして、そんなウルトラ博士な男の子達が、画面にミラーマンが映った時に「誰?」と揃って首をかしげているのが可愛かったw




おまけ
IMG_0646.jpg

IMG_0621.jpg

IMG_0647.jpg

IMG_0625.jpg


せっかくなのでプリキュアデコカメラで遊んでみましたw
一眼レフとiPhoneを持ち替えながら交互に撮影したんだぜw
やよれいですよ
そういえば新しいプリキュア百合小説を書きました。
やよれいですよ、やよれい!
意外な組み合わせですけど、夏コミで買った薄い本のやよれいが凄く良かったのですよ。
その薄い本に影響を受けて、自分なりのやよれいを構成してみたのです。

ふふふ・・・こういう妄想は楽しいなぁ。
27話のみゆきのおばあちゃんちに行く話をベースに何かを書きたかったのですよ。
思いついたシチュエーションに見事にハマってくれて嬉しいです。

さて、次はえろいやよれいの話でも考えるかなぁ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。