ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリキュアオールスターズ ニューステージ
やっと、やっと見れました!
『プリキュアオールスターズNS』を!
アマゾンから発売日に届いてたんですけど、見ようとしたらなぜかエラーが出て再生できなくて・・・。
ユーザーサポートに送って調べて貰ったんですが、ディスク自体には異常がなかったようなんです。
でも、ディスクについた汚れが信号読みとりエラーを出してたらしく、機種によっては再生ができない原因だったっぽい。
ディスククリーニングを施して貰ったブルーレイディスクが、今日届いたというわけなのですよ!

プリキュアオールスターズ自体は4作目なんですけど、今回のNSは前3作のDXシリーズとは設定を共有してないみたいですね。
NSオリジナルの主人公、あゆみをメインにして、スイートプリキュアとスマイルプリキュアの活躍に主軸をおいた話になっています。
なのでプリキュアの絡みも、先代のスイートプリキュアとスマイルプリキュアがメインになっていて、それ以前のプリキュアはゲストキャラ的な位置づけなんです。

この部分は、公開当初から色々あったようですね。
というのも、初代からプリキュア5のキャラクターは出演はしてるんですけど、台詞がない状況でして・・・。
でも、それはしょうがないのかなぁって気もします。
なんせプリキュアは総勢28名ですからね。
それで物語を回そうとすると・・・無理過ぎます。
プリキュアの映画は就学前の女児がメインターゲットなので、彼女たちが飽きないぐらいの上映時間・・・70分前後という制約もありますし。
NSは、まさにオールスターズでの新しい表現方法を模索している感じなのです。
この映画だけに出てくるプリキュアがいたりとかしますし。

などとちょっと難しい事を書いてしまいましたが、映画としては最高に面白いですね。
思い切ってメインを張るプリキュアを絞ったおかげで、ストーリーも主軸を絞ってしっかりと描けていますし。
ただ少し残念だったのは、映画用の主人公を作っちゃったために、スマイル勢の印象がちょっと弱い気が・・・。
あ、でもそこはみゆきが大暴れしてくれたから大丈夫か。
みゆきひとりで、スマイルプリキュアの世界観を語ってるようなものでしたしw
いきなりあの登場の仕方はねーだろって思うような登場の仕方をしたり、敵に頭突きをしたりと、さすがみゆきと思わせてくれるような大活躍!w

あ、あとスイートプリキュアの面々も良かった!
相変わらず響と奏のラブラブぶりが良いですね。
やっぱりこの二人は夫婦だわw
アコの突っ込みも冴えてたし。
エレンは、いつものボケがなかったので、何か頼れるお姉さんになってたのが笑えましたw

いやー、本当に楽しかった。
あとでもう一回見ようかな。
スポンサーサイト
はい、宣伝です
ピクシブでスマイルプリキュアの百合小説をうpしたので宣伝です。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1288238

夏といえば花火!
花火を題材にした百合を書きたくて急いで書きました。
このくらいの文章量なら1日で書けるもんだなぁ。
本当はもうちょっと短くなる予定でしたがw

いやー、なおれいは本当に素晴らしいですね。
幼なじみ百合最高!


・・・しまった。動画のシナリオそっちのけだったw
こっちも完成させねば。
なのはの映画を見てきた!
ゆりゆめPは魔法少女リリカルなのはが大好きなのですよ。
テレビアニメを何となく見始めたら、途中からドラゴンボールばりな熱いバトルを繰り広げるようになって、そこから虜になりましたw
展開が熱くて熱くて熱くて死ぬぜ!

そんなリリカルなのはの映画第2弾『NANOHA The MOVIE 2nd A's』を見てきました。
テレビアニメ第2期、リリカルなのはA'sの映画版ですね。

感想を最初に言っておきますが・・・もう泣けます!
八神家をクローズアップした構成に変更されてるので、もうヴォルケンリッター達の苦悩を丁寧に描写されてて・・・。
誰かが悪いというわけじゃないけれど、戦わなきゃいけないのです。
それが悲しいのです。

そしてバトルも見応え抜群!
劇場版なので、テレビ版よりも激しく格好いいものになってます!
もはやなのはさんはスーパーロボット大戦に出ても違和感がないレベルでかっこいい!

・・・魔法少女アニメなのにw

いやー、本当に素晴らしかった!
テレビ版じゃ八神家以外にもちょこっと色々あったんだけど、その要素をバッサリカットしてくるとは思いませんでした。
でもその分、描きたいテーマがしっかりして心にズビシと響きました。
あぁ・・・良かった。
ホント、良かった。







でも、リーゼロッテが・・・。
ユーノとの貴重なおねショタがなくなってしまったのが残念でした・・・。
とりあえず近況なぞ
最近全然動画を作ってません。
すみません・・・。
最近はプリキュアにハマったりゲームやったりしてます。
『バトルフィールド3』に手を出しちゃって・・・。
このゲームはやばい。
FPSなんですが、フィールド上にある戦車やヘリや戦闘機にも乗れちゃうんです。
箱版は最大24人同時対戦しかできないんですけど・・・それでも面白いです!
24人でもこれだけカオスな戦争ゲームになってるのに、PC版じゃ最大64人対戦とか・・・。
いつかはPC版にも手を出してみたいけど、推奨スペックのPCを揃えるためには10万近くかかるんですよね。
はぁ、夢のまた夢だなぁ。

プリキュアは相変わらずハマりまくってます。
プリキュアオールスターズのブルーレイがなぜか再生できなくて、見ないうちにサポート送りになっちゃってテンションがかなり下がってますがw
でも、10月にやる映画のグッズ付き前売り券は買いましたよ!
グッズの引き替えは10月からなんですけど、もう楽しみで楽しみで!

そしてスマイルプリキュアは、百合的にも非常に美味しいのですよ。
特に緑のプリキュアの緑川なお、青のプリキュアの青木れいかの二人のカップリングは最高ですね。
なおは女子サッカー部のエースで学校中の女の子にモテモテなんですけど、実は可愛いものが大好きだったり虫が大の苦手だったり、実に女の子らしい一面も持ち合わせているのです。
れいかさんは生徒会副会長をやったり、入学以来ずっと学年一位の成績の秀才だったりるするお嬢様なんです。
でも、お嬢様育ちのためか、人とはやや感性がズレてる所もあったりするのです。
秘密基地を探す話で富士山頂へ行ってプリキュア道を熱く語っちゃったりしたりして。
真面目すぎて、凡人には到達し得ない所に行っちゃうというとっても可愛らしい女の子なんです。

で、なぜこの二人のカップリングを推すかというと、この二人は幼なじみなんです。
なおの意外な一面が現れると、れいかさんが他のプリキュアのメンバーに「なおは昔から○○なのよね」と幼なじみアピールをするのです!
そうそう。れいかさんは基本的には誰に対しても敬語で話すんですが、なおにだけはタメ口なんですよ。
そこがまた萌えポイントなのですよ!
そんな感じで、二人ともお互いの事を熟知しているから、中学生なのに熟年夫婦のような雰囲気を醸し出しているのです!

近況といえば・・・ゆりゆめPはコミケにも参加しますよ!
最初は1日目は例年通りスルーするつもりだったんですが、なんとプリキュアは1日目に多いというじゃないですか!
ピクシブで知り合った百合好きの人の情報によると、プリキュアの健全百合サークルは1日目に多いらしいし。
1日目は夜勤明けなんですが・・・何とか無理をしない程度に参加したいと思いますw

動画は・・・できるだけ早く作りたいと思いますw
プリキュアミュージカルショーへ行って来たよ!
スマイルプリキュア23話を見終わった熱気が冷めやらない内に、プリキュアミュージカルショーへ行って来ました!
プリキュアミュージカルショーは親子連れが多いイベントだったんで、行くかどうしようか迷ったんですが・・・地元で公演があるという事で決心したんです。

期待と不安を胸に抱いて電車で会場に向かいます。
ちなみに会場は、ゆりゆめPの家からは私鉄で10分もかからない所にありますw
この会場は、松戸市という東京からのアクセスも良い場所だからか、結構色んなコンサートとかやってるんですよね。
数年前、水樹奈々が大好きな友達が、わざわざライブを見にこの会場まで来てましたから。

早速最寄り駅へ到着。
駅に着くなり、親子連れが目立ちます。
うん、たぶんこの親子はみんなプリキュアミュージカルショーへ行くんだろうなw
駅から会場までのバスが出ているんですが、実は歩いて行ける距離だったりします。
大人の足で10分ほどなので、それなりに距離があるし、土地勘がない人は迷っちゃいそうな小さい道を進む事になるんですけど。
まあ、遠くから来た人はバスに乗った方が無難ですよねw

ちなみにゆりゆめPは、この会場には多少縁がありまして。
中学の時、体育館を立て直していたので卒業式はこの会場でやったのです。
成人式もここでやったなぁ。
そこそこ収容人数があるから、結構使い勝手の良い会場のようなんですよね。
だから・・・ここに来たのは成人式以来か。
もう何年前だっけ?w

IMG_0477.jpg

会場前に到着。
外からでもわかるぐらい、親子連れが並んでます。
こ、この状況に、ひとりで特攻をかけなければならないのか・・・。
これは結構ヘビィだぜぇ・・・。

ロビーに到着。
えーと、何というか・・・幼女だらけでしたw
右を見ても左を見ても幼女だらけw
大好きなプリキュアのショーがもうすぐ始まると言うことで、みんなテンションが凄く高いw
そして居心地の悪いゆりゆめP・・・。
なにこれ? 試練なの? 乗り越えなきゃいけないの?
親子連れのほんわかオーラが充満していて、何だかここにいることが憚れちゃうような気分になってきますw

でも驚いたのは、男子トイレの中も幼女がうようよと・・・w
お父さんに連れられて入ってくる幼女が多いのです。
ほとんどが幼女とお母さんだから、女子トイレの混雑具合がとんでもない事になってるので、お父さん連れの幼女は男子トイレに入ってくるというカオス・・・。
何というか・・・トイレに幼女がいると凄く気まずくて用を足しづらかったですw

プリキュアといえば、公式グッズに幼女向けのコスプレ衣装・・・もといなりきりセットが発売されてるんですが、それを来てくる幼女も結構いましたね。
ハッピー、サニー、ピース、ビューティ・・・そして昨日発売されたばかりのプリンセスハッピーもいるじゃないか!
流行に敏感な幼女もいるんですね。

・・・あれ? マーチがいなくね?

うぅむ・・・幼女にはマーチの受けがあまり良くないってのは本当だったのか・・・。
百合好きに取ってマーチは、百合の起点となる重要な存在だからマーチ大好きなんですが・・・。
幼女と大きなお友達の好みは、こうも違うというわけですね・・・!

開場時間になりました。
親子連れが並んでるから、とりあえず並んでみたら、この列は当日券購入の列だったみたいです。
凄い人気だ・・・。
会場の人も、「全員座れないので立ち見になります」って言ってるし。
さすがプリキュア。伊達に9年も続いてる人気シリーズじゃありませんね。
とりあえず、指定席を購入していたゆりゆめPは、悠々と会場入りする事ができましたw

会場に入ると・・・ミュージカルショー限定グッズだと!?
それは予想外だった・・・。
物販スペースがあるとは思ってたけど、まさか限定グッズとは・・・。
バンダイにとって、プリキュアは金のなる木なわけだ!(汚れた大人的思考)
ちくしょう・・・買えばいいんだろ、買えば!

というわけで、パンフレットと団扇とキーホルダーを買いましたよ!

戦利品01

戦利品02

団扇は、表はミュージカル仕様。

戦利品03

裏面はプリンセスフォームになってます。

戦利品04

ミュージカル仕様+プリンセスフォームですね。
ちょっと大きめだから、カバンなどに付けると良い感じかも?


ふぅ・・・とりあえずグッズはゲットだぜ。
さて、席に移動するか。
S席の後ろの方・・・通路側なのだ。
会場からすれば、真ん中寄りの席ですね。
映画とかだとここら辺の位置が全体を見渡せて一番良いですからね!

隣には親子連れだ。
幼女の方はコスプレしてるけど・・・ビートだと!?
みんなスマイルのコスプレをしているなか、ひとりだけビートのコスプレとは・・・この幼女、やりおるw
そして左隣にも・・・親子が座りました。

うわぁ・・・両サイドを親子に囲まれてる。
凄く居心地がわるいぜ・・・w


ちょっと待て! ビートのコスプレした幼女が暑いとか言って服を脱ぎ始めたぞ!?
親も何事もなかったかのように着替えさせてるし!

どういう事なんだよ、これは!w

何も悪いことをしていないのに、この気まずさは一体何なんだ・・・?
とりあえずツイッターにつぶやき続けてやり過ごそう。

そうこうしていたら、開演の合図が!
まずはプリキュア達からミュージカルショーの注意事項の説明が始まります。
あかねがカメラの撮影や飲食を「あかんでー」と関西弁で言っていたのですよ。
そして次になおが他の注意事項を「あかんでー」と言って説明していたのです。
あかねがすかさず「関西弁真似すんな!」と言ってます。

なんてこった・・・。
注意事項にまでなおあかを仕込んでくるなんて・・・。
プリキュアミュージカルショー・・・レベルが高いぜ!

そして幕が上がって始まるかと思ったら、お姉さんが出てきて色々説明してました。
プリキュア達の注意事項の補足ですね。
・・・しかしこのお姉さん、制服のような格好でミニスカートが眩しいんですが。
これは・・・ありだな!

そんな邪な心を抱いてたら、本編が始まりました。
ネタバレは極力避けるつもりだから、ストーリーの解説とかは書きません。
学校の書き割りがあるから・・・舞台は学校のようですね。
おお? 制服姿のみゆき達が出てきた!
すげー。普段プリキュアショーと言えば変身後の姿しか出てこないのに。
制服姿の着ぐるみは初めて見た。
うん、結構可愛いぞ。

着ぐるみショーなので、アドリブとかは出来ないと思ってたんですけど、台詞がないシーンの演技は結構アクターさんがアドリブいれてるっぽいですね。
だって、学校のシーンで、なおとかあかねが喋ってる時に、みゆきがれいかさんの隣に座ってイチャイチャしてるんですよ!
みゆれい・・・みゆれいなのか!?
おお、よく見ると台詞がないキャラは結構自由そうに細かい演技してる!
すげー、コイツはすげー。
なおは相変わらずあかねにベタベタしてるよ!
うわー、うわー・・・。

これは美味しいです。

そしてウルフルンさんとアカンベェが登場!
着ぐるみショーだと、三幹部はウルフルンさんしか出てこないのですねw
一番人気が高くて着ぐるみを作りやすいからだろうなぁw

そして戦闘!
着ぐるみでアクションすげー!
殺陣をこなしながら台詞とタイミングを合わせるとかすげー。
さすが着ぐるみショーは歴史があるから、こういう演出が実に洗練されてますね。

ミュージカルショーだから、プリキュア達も歌って踊りますよ!
まだキャラソンはCDが発売されてないから、実はこのショーで初めて聞きましたw
ミュージカルらしく脈絡もなく歌い出すのが何とも素敵だなぁ。

あ、そうそう。ウルフルンさんにも持ち歌があるんですねw
めっちゃノリノリでダンスを踊ってました。
ウルフルンさん・・・普段はかっこつけてるくせにお茶目だなぁw

面白くて夢中になって見てたら、休憩時間に入りました。
おお、気づかなかったけどもう1時間も経過していたのか・・・。
しかし休憩時間が20分って長くないか?
まあいいか。とりあえずトイレに行こう。

相変わらず男子トイレにも幼女がわちゃわちゃいるので居心地が悪かった。
用を足して外に出ると・・・休憩時間が20分もある理由がわかりました。
プリキュアは幼女向けだから、見に来ているの幼女ばかりなんですよ。
そして幼女を引率するのは大体がお母さんなわけで。
つまり、女子トイレの混雑ぶりがえらいことになってましたw
壁サークルかって思うぐらい並んでます。
そりゃあ休憩時間が10分だったら短すぎるよなぁ。

他のグッズも物色していたら、ステージの方から再開のブザーがなってました。
おお、20分ってあっという間だな。
席について待ってると、お姉さん再び登場。
するとお姉さんは、幼女に向かって「みんなー、ダンスは覚えてるかなー?」と言ってダンスの振り付けをレクチャーし始めました。
プリキュアもお姉さんと一緒に、わかりやすく振り付けを教えています。
あぁ、なるほど。休憩から遅れて戻ってきても本編を見損ねないような配慮なんだ。
これはなかなか上手い事考えたなぁ。

一通り解説が終わったら、今度は音楽を流して一通り通しで踊って見せてました。
どうでもいいけど・・・お姉さん、ミニスカートなんですよ。
踊るとスカートも揺れて見えそうに・・・。
実際はスパッツみたいなのを穿いてたけど、それでもこの光景は刺激的だ。
刺激的と言えば、お姉さんが踊るとヘソが見えるんですよ。
ヘソチラがこんなに破壊力があるものだとは思わなかった・・・w
もうプリキュアそっちのけでお姉さんをガン見してました。ええ、してましたさ!w

そして後半。
物語も盛り上がってきて、ウルフルンさんとアカンベェが登場。しかも2体も!
みゆき達は制服バージョンだったので、「プレイキュア、スマイルチャージ」と叫んで変身します。

そう、変身なんですよ。


それまでも何度か変身はしてるんですけど、その時は舞台を暗転させてその間に入れ替わってるんだなぁって感じなのですが・・・。
クライマックスでの変身シーンは、舞台袖から人が一人隠れられそうな板が左右から出てくるのです。
例の変身BGMが流れる中、横に流れる板がみゆきの前を通過したら・・・

キュアハッピーがそこにいたのです。


ハッピーだけじゃありません。
サニーもピースもマーチもビューティもいます。
板がみゆき達の前を通過したのはコンマ何秒だったはず。
それなのに、目の前にプリキュアが現れていたんです。
これは本当にビックリしました。
まさしく変身ですよ、これは。
プリキュアミュージカルショーすげー・・・。

プリキュアとウルフルンさん達のバトル開始です。
クライマックスというだけあって、アクションがメチャメチャ激しいです。
ハッピーとウルフルンは、一段上の所から側転して降りたりしてました。
着ぐるみなのに・・・すげー!
しかし、プリキュアの善戦虚しく、ウルフルンさんたちに押されて大ピンチ!

そしたら、幼女達が「プリキュアがんばれー!」と割れんばかりの声援を送るのです!


やばい・・・これはやばい・・・。
幼女達は本気でプリキュアを応援してます。
ミュージカルショーの台詞が聞こえなくなるぐらいの大声援です。
この時、会場に一体感が生まれます。
凄い・・・これはゾクゾク来る・・・。
見ているだけでわくわくしてくるのです。
このライブ感が凄い・・・。

幼女達の声援を受けたプリキュアは、勢いを取り戻して見事大逆転!
最後はプリンセスフォームまで披露するという大盤振る舞い!
いつの間にフォームチェンジしてたんだ! わからなかったぜ!

そして大団円のあとに、プリキュア達のダンスが始まります。
会場が明るくなり、幼女達が待ってましたと言わんばかりに立ち上がって踊ります。
僕の隣にいた幼女は、椅子から跳ね上がらん勢いで飛び出していったのでちょっとビックリですw
通路に近い幼女たちは、通路に出て踊ってます。
前を横を後ろを見渡しても、幼女達が一生懸命踊っているのです。
そりゃあ幼女なので振りを完全に覚えてなくて、ダンスとしてはメチャクチャだったりする子もいるけど・・・みんなとにかく楽しそうな顔をしています。
心の底からプリキュアとダンスを楽しんでるという顔です。
見てたら、何だかこっちも穏やかな気分になれましたw

ちなみに親御さんたちは、必至に娘達の晴れ姿を写真に収めるのを頑張ってましたw
親子揃って楽しめるって・・・こういう事なんだなぁ。

そしてED曲を踊り終えたら、今度はウルフルンさんたちも含めた全員でOP曲のダンスを踊ります。
ちょw ウルフルンさん、めっちゃノリノリですよw
本編でも切れのある踊りを披露してたのに、まだまだ踊り足りなかったのか・・・そんな風に思えるハッチャケぶりでした。
もちろん幼女達も踊ります。
ED曲と違って、事前に振り付けを教わってなかったから、なんかもうグダグダですけどw
でも彼女達はそんな事は気にしません。
心の底から踊っているのです。
楽しいという感情が彼女たちを突き動かしています。
これはホント・・・凄い光景だ。
やばい。感動する・・・。


大盛況のうちにプリキュアミュージカルは幕を下ろしました。
凄かったと余韻に浸っていたら、ステージ上には再びプリキュア登場です。
お姉さんも現れて、どうやら幼女達によるプリキュアへの花束贈呈が行われるようです。
なるほど。ロビーとかで花束を持った幼女をいっぱい見かけたのは、このイベントの為だったのですね!

花束贈呈のルールはこんな感じ。
舞台左の階段からステージに上がって、好きなプリキュアに花束を上げて、右の階段から下りる。
ふむふむ。これならスムーズに行くね。
慣れてるって感じです。

そして幼女達が花束をプリキュア達に渡します。
ビューティ人気すげー。
序盤でビューティに花束を渡す幼女が続出だから、ビューティも持ちきれなくなってます。
大人気。
青プリキュアは伝統的に幼女キラーだって話はよく聞きますが・・・その人気ぶりを実感しました。

ピースは大きなお友達には人気だけど、幼女人気はイマイチって噂は聞いてましたが・・・全然違いましたね。
ビューティに次ぐぐらいの人気ぶりですよ。
ピースの可愛さは、幼女にも可愛いと思われてるのかもしれませんね。

そして安定のハッピー。
主人公は強いなぁ。コスプレ幼女もハッピーが圧倒的に多かったもんなぁ。

サニーとマーチは・・・他の3人比べると少ないような印象でした。
なおあかなのに、NISSANコンビなのに・・・。
幼女にはこの二人の良さはまだ早いのですね。そうですね、そうに違いない。

ステージ間際では、お父さんお母さん達がカメラを持ってプリキュアとのツーショット写真を狙ってましたw
お父さんお母さん、大変だなぁ。
でも、子供のためだから凄い頑張りです。

僕もそんなお父さんお母さんの熱気につられて、ついつい写真を撮っちゃいましたw

花束贈呈


くっ、こんな事なら一眼レフを持ってくれば良かった。
肉眼ではそんなに感じないんですが、カメラを通してみると会場は意外に暗いんですよ。
しかもステージにはスポットライトが当たってます。
iPhoneの光学センサーじゃ、スポットライトの光量を捌ききれない!
露出光量を調整できないから、上手く撮れない!
被写体をクリックすれば、対象に合わせてピントと光量を調整してくれますが・・・それでもこんな感じです。
次行くことがあれば、今度は一眼レフ持っていこう。

しかしそこの大きなお友達!
幼女に紛れて何プリキュアに花束渡してるんだよw


何かこう・・・プロの意識を感じましたw
スイートからプリキュアにハマった僕にはとうてい到達できない域ですね、あれは・・・。


そんなこんなで、プリキュアミュージカルショーは楽しかったです。
周りが親子連ればかりという居心地の悪さはありますが・・・そこさえ乗り切ればプリキュアの世界を体感できます。
皆さんも、是非地元にプリキュアミュージカルショーが来たら行ってみてください。
これはホント凄いです。エンターテイメントです。
やばいなぁ・・・これはハマりそうだわw
良い最終回だった!
スマイルプリキュアの23話が熱すぎでした。
先週は、ジョーカーにボロボロにされて、プリキュア達は戦う意味を考える・・・という話でした。
最終決戦前のような盛り上がりを見せるようなお話だったのです。

それから1週間。
妖精のキャンディを救出するためにバッドエンド王国に乗り込むプリキュア達!
迎え撃つ三幹部とジョーカー!
悪の皇帝ピエーロが復活するという状況下、前回はジョーカーひとりにも勝てなかったプリキュア・・・。
まさに絶体絶命! 
けれどキャンディを助けるためにプリキュア達は戦いを挑むのです!

熱い・・・あまりにも熱い展開!
初っぱなから燃えます・・・萌えじゃなくて燃えなんです!

キャンディの救出を阻止する三幹部たち。
プリキュア達はそれぞれの幹部を食い止めている間に、ハッピーに救出を託すのです。

くぅ、熱いぜ!
これはいわゆるあれですね!

ここは俺たちが食い止めるから先に行け!

ですね!
これは熱すぎる・・・。
日曜の朝から熱すぎるぜ・・・。

キュアサニーはウルフルンを、キュアピースはアカオーニを、キュアマーチはマジョリーナを相手にします。
ハッピーが先へ進もうとジャンプしたとき、ジョーカーが妨害をしてきます!
そこへ、罠を張ってると読んでいたキュアビューティがジョーカーの妨害を阻止するのです!
オラわくわくしてきたぞ!

とにかくバトルシーンが凄いです。
ドラゴンボールかってぐらい激しいです。
見応えがありますね。

そして何といってもマジョリーナ!
三幹部がバッドエンド空間を発動させてそれぞれパワーアップするんですが、マジョリーナだけは若返っちゃうんです!
しかもナイスボディの妖艶なお姉さんに!
あまりの衝撃に、ピクシブではマジョリーナの絵が多数投稿されるという現象まで起こっています!
これは・・・油断してた! まさかこんな隠し球を要しているなんて!

バトルはさらに加熱していきますが、パワーアップした三幹部たちの前に膝を着いてしまうプリキュア達・・・。
しかし、一度敗北を経験して意志の強くなったプリキュアは、諦めないで立ち向かいます。

そこからのバトルがさらに凄いのです。
サニーは自分の足下の地面をパンチで割って、そのまま土の塊と化した地面を持ち上げるのです。
思わずウルフルンさんも「正気かてめぇ!?」と狼狽えるレベル!
そしてそのまま、塊をウルフルンに投げつけます!
ピースは泣きながらも強力な電撃でアカオーニを足止めして、サニーは脚を活かした高速移動で分身したマジョリーナの猛攻を全て避けます。
ビューティは、レイピアで攻撃してくるジョーカーに対抗するために氷の剣を作るのです。

そう。もうお気づきだと思いますが、OPのプリキュア達の演出をそのまま本編でやっているのです。
まさかあのOPが伏線だったなんて!
これは熱い! これは燃える!

サニーの猛攻に押されたウルフルンさんは、目が赤くなって野生丸出しの狂戦士になって反撃を開始します!
激しいラッシュ合戦の末、サニーは拳に炎をまとったパンチを繰り出します。
ウルフルンさんは防御しきれず地面に叩きつけられますが、サニーはそのままサニーファイアーを叩きつけるのです!
すげぇ、ドラゴンボール並みの連係攻撃を!

ピースの電撃にやられたアカオーニは、巨大化してピースに猛進していきます。
アカオーニの攻撃が一旦止んだところで、ピースは電撃を溜めるモーションを取ります。
と思った次の瞬間、消えるほどの高速移動でアカオーニの懐に入り込んで、腹に強力な肘打ちを食らわせるのです!
残影拳か!? 残影拳なのか!?
アカオーニが溜まらずダウンしたところで、ピースサンダーを放つのです!

分身したマジョリーナの波状攻撃に苦しめられているマーチは、「どれが本物なんか考えたってわからないよ。直球勝負だ!」と言ってマーチシュートを放ちます。
しかし放ったマーチシュートはマジョリーナの分身に当たっただけで、マジョリーナも「はいハズレ」と余裕の表情。
ですが、マーチは気合いを入れてマーチシュートを乱れ撃つのです。
本物がどれかわからないなら、全部当てて殲滅させるという力業に!
さすがのマジョリーナもこの攻撃は予想外だったらしく、そのうちの一発がマジョリーナにヒット!

そして一番熱かったのがビューティ。
アイスソードでジョーカーとの剣戟を繰り返したあと、ジョーカーの放つ鋭い突きをアイスソードで受け止めるのです。
氷だから刺さったレイピアは動きを止めるのです。
その隙を突いて蹴りを繰り出すのですが、ジョーカーはトランプで空蝉をやってビューティの背後に回るのです!
蹴りを繰り出しているから、ビューティの背中は無防備そのもの!
このままではビューティがやられちゃう!
その時、ポップが盾に化けてジョーカーの攻撃を防ぐのです!
狼狽えるジョーカー。その隙を逃さず、ビューティはジョーカーの背後に回り込んでビューティブリザードのゼロ距離射撃!
熱い・・・熱すぎる!

とにかく対幹部戦のバトルは、もう幼女向けアニメとは思えないほど濃厚なバトルが展開されるのですよ!
すげーよ、プリキュア!
かっこいいよ、プリキュア!

そうして、ハッピーもキャンディを救出して、あとはバッドエンド王国から脱出するだけになった時に、皇帝ピエーロが復活するのです!
プリキュア達はキャンディとポップを逃がして、ピエールを止める事を決意するのです。
ピエーロが放つ星をも破壊するちうバッドエナジー抱に対して対抗するプリキュアですが・・・その圧倒的なパワーの前に歯が立ちません!
その時! メルヘンランドの女王様の声が聞こえて、プリキュア達に新たなる力が!
その力でプリキュア達はプリンセスフォームに変身して、超必殺技を放ちます!
圧倒的な力で、ピエーロを撃ち抜くのです!


すげー! 何だこの展開!
もう・・・もう、まるで最終回じゃないですか!
最高だった・・・。
アニメを見てこんなに、爽やかな疲労に包まれたのは久しぶりだw
こんなにお腹一杯なのに、あと半年も続いてくれるなんて・・・幸せ以外の何者でもありませんねw


ガンダムAGEの小説版が面白すぎる!
絶賛放映中のガンダムAGEですが、このアニメはホント色々と斬新すぎてついていけない面があるんですよね。
まあ一言に要約すると・・・


強いられているんだ!



という感じで。
あまりにも唐突な台詞や矛盾、それらを一切スルーして強引に進むストーリー・・・。
ガンダムが云々というよりも、すでにストーリーがかなりファンタジックな事になってるんですよね。
まあ、それはそれで楽しめるんですがw

そんな感じで、最初はガンダムAGEの小説版には全然興味がなかったんですよ。
元のアニメが残念だから、どうせ小説になっても面白くないだろうって思って。
ですが、2chのまとめサイトでガンダムAGEのスレが上がってて、俄然興味が出てきました。

なんと小説版は、設定に肉付けをしてアニメのトンデモ展開に全部修正が入ってるらしいんです!

それを聞いて、これは是非読んでみなければ、と思って買いました。


いやー、凄い。
ガンダムAGEの小説版は、まさしくガンダムっぽいのです。
コロニーが襲撃されて、容赦なく蹂躙されていく人々をきちんと描写しています。
そして何よりも、アニメではなんちゃって軍隊な連邦軍の描写にも力が入ってます。
アニメでは、連邦軍の基地にジェノアスが数体しかないような感じでしたけど、小説ではちゃんとモビルスーツ部隊が存在するんですよ。
しかもその中に、主人公のフリットがほのかに憧れていた女性パイロットがいたりして、しかも容赦なく殺されちゃったり。
戦渦に巻き込まれる絶望感がヒシヒシ伝わってきます。

そして設定の肉付けも素晴らしいのです。
アニメではファーデーンというコロニーに到着してから、「モビルスーツは所持が禁止されてるのに」なんて台詞が出てくるんですよ。
正直これは「?」って思いました。
だって連邦軍はジェノアスを運用してたじゃん。
それなのにモビルスーツが禁止されてるってどういう事?って。
全然説明なしに設定が出てくるから、見てる方も混乱しちゃうんですよね。

小説版ではそこら辺の理由付けも丁寧にされててビックリしました。
設定では、コロニー国家戦争のあと、全ての兵器に関する技術を放棄する”銀の杯条約”が締結されているのです。
ですが14年前、スペースコロニー”エンジェル”がUEの攻撃によって壊滅した”天使の落日”以降、各コロニーは自衛手段の獲得を理由にモビルスーツを配備していった、とされているのです。
そしてアニメでは説明されていない事なんですが、そうやってなし崩し的に様々な勢力が武装化していったため、連邦軍に反感を持つ勢力は武力蜂起したりして・・・。
連邦政府としては、コロニー国家戦争以降は恒久平和が訪れたという事にしているから、それらの武力蜂起を秘密裏に処理しているのです。
フリットたちのように他のコロニーの住人には、そんな地域紛争のニュースすら流れてこないような情報操作までされていて・・・。

そんな設定が、実はウルフ・エニアクルの”連邦のエース”という肩書きに繋がっていくんですよ。
アニメでは「元レーサーなのに何で連邦のエース?」という疑問は謎のままだったんですが、小説版でウルフはこのように地球圏各地で起こった紛争を鎮圧してきた事で得た称号だったというのが明らかになるのです。
アニメじゃだだの戦争好きの変態だったウルフさんが、小説版だとこんなに重みのあるキャラクターになるんですからビックリです。

ビックリと言えば、小説版のラーガンさんが格好いいんですよ!
アニメ版じゃ出撃前に怪我をしたり、なんかヘタレなイメージしかないですけど、小説版じゃ頼りになる兄貴なのです。
フリットの事を思いやって、大人の判断が出来るナイスガイ!
そんなナイスガイぶりに、ウルフさんもラーガンさんの事は「相棒」と呼んだりしているのです。
アセム編では出番がなくなったり、かなり冷たい仕打ちを受けるラーガンさんですが、小説版ではアセム編でも出てきてくれて嬉しかったですw

さらにビックリと言えば、小説版には「強いられていたんだ!」がカットされていますw
アニメのあの話はかなり無茶だったからなぁ。

イワークさん、ザラムとエウバの戦闘にぶち切れ
     ↓
工作用のモビルスタンダードで戦闘に介入
     ↓
フリット、ガンダムを呼び出して戦闘に介入
     ↓
UEが乱入してきてザラムとエウバのモビルスーツ撤退
     ↓
フリット、UEを撃退するも、ザラムのモビルスーツに拘束される


うん。あらすじを書いてるだけで何だか無茶ぶりだぞw
大体現地の紛争に軍のモビルスーツを使って介入するのはまずいだろ。
軍事作戦でも何でもなく、フリットの私的な理由でガンダムの運用とか!

こんな風にアニメでは突っ込み所満載なんですが、小説版はこんな風になります。


イワークさんの娘がザラムのエウバの戦闘に巻き込まれたかもしれない
     ↓
イワークさんとフリットが現地に到着するもガレキが邪魔をして救出作業ができない
     ↓
フリット、近くにあった工作用モビルスタンダードをAGEデバイスでハッキングして操縦する
     ↓
無事救出活動は成功するけど、一向に戦闘をやめないザラムとエウバにフリットぶち切れ
     ↓
工作用モビルスタンダードでザラムとエウバのモビルスーツをなぎ倒す
     ↓
メンツを潰された両陣営はフリットを拘束しようとするも、ラーガンさんが出撃して戦闘行為を休止させる



ずいぶん自然な流れになってますw
アニメではフリットがガンダムを私用に使いまくりですけど、小説版ではそんな無茶な事が一切ないんですよ。
あの面白展開のアニメが、ちゃんと理屈に沿って説明されると面白くなるんですよね。
これはホント大発見ですよ!

その他にも、アニメじゃマッドーナ工房が作ったGエグザスが高性能過ぎて「もうAGEデバイスいらなくね?」って感じだったんですけど・・・。
小説版じゃ、マッドーナ工房は元からブルーザー司令からUEに対抗できるモビルスーツ開発の依頼を受けていて、ガンダムの実験データを受け取っていて、UEから持ち込まれたモビルスーツからもちゃっかり技術を盗み出してるんです。
なるほど。それでGエグザスがガンダム並みの性能を発揮できていたのも納得ですね。


そんな感じで、アニメのトンデモ演出や設定を小説版は全部修正してるんですよね。
大筋はアニメと変わらないのに、凄く面白いのです。
文体も大河ロマン溢れる重厚な感じなので、読んでてわくわくしますね。
日野さんが100年の戦争という大風呂敷をぶち上げた時はどうかなぁって思ったけど、こういう大河ロマン溢れる感じに演出すると活きてきますね。
なるほど、ガンダムAGEの企画意図はそこにあったのか。
・・・アニメではそれがサッパリなのが残念ですがw

いやー、ホント小説版は面白い。
むしろこれをアニメ化した方が良かったんじゃないかな・・・。
そんな風に思っちゃいますねw
なにげに伸びてたのかw
ほぼ2年前に思いつきで作った動画が、2525再生を超えてました。
じわじわ再生数伸ばしてたんだなぁ、全然気づかなかったw





この動画を作る前に、ゆっくりがフリーソフトだと知って早速落として見るも使い道がわからなかったんですよね。
そこで、ゆっくりに何を喋らせれば面白いかを考えた結果が『パトレイバー2』の荒川の台詞でした。
こういう事は誰か先にやってるかもしれないと思って、念のため「ゆっくり パトレイバー」で検索をかけたのです。
でも幸いにして類似動画が出てこなかったので、「これはいける!」と思ってやらかしましたw

普段ノベマスしか作ってなかったので、この動画を作るのは楽しかったなぁ。
素材となる映像はニコニコに落ちてたので、それを利用させて貰いました。
映像から音声だけぶっこ抜き、台詞をメモ帳に書き起こしていく作業は面倒だけど楽しかったなぁ。
最初は荒川も後藤さんの台詞も全部ゆっくりでやろうかと思ったのですが、それをやると何かメリハリがなかったんですよね。
なので、荒川だけゆっくりにして後藤さんだけそのままにしました。
そしたら今度は、元の映像素材の音声がやけに小さいので、ゆっくりとの音量に差が出てきちゃったのです。
かと言って後藤さんの声を大きくすると、バックに入ってるBGMがうるさい事になっちゃうし・・・。

そこでパトレイバー2のBGMを別途入手し、音声素材を加工する事にしました。
最初はwaveにして後藤さんの声だけを拾おうと思ったんですけど、それだと作業量が膨大だし、最終的に映像と合わせるのが難しいだろうという事は想像付いたので、この方法は現実的ではありませんでした。
なので、VideoStudio上で音声出力を弄って調整する事にしました。
音声素材自体は映像素材からぶっこ抜いたものだから、そのまま重ねれば映像と音声のタイミングはピッタリですし。
後藤さんの台詞は少ないとは言え、バックにはBGMとかも入ってるから、かなり細かく出力調整をしましたよ。
でもその甲斐あってか、コメントに「編集技術上手いな」というのがあったのは嬉しかったです。
・・・別にそんなに難しい事をしてなくてもw

あと、最後の最後だけ台詞を替えてるんですけど、これはもう制作中の思いつきでした。
このままオリジナルの台詞をゆっくりに喋らせるのはそれはそれで面白いだろうけど、イマイチインパクトがない事に途中で気づきました。
深く考えずにゆっくりの台詞を入力してる時に、「なにひとつしない神様」「なにひとつしないニート」に差し替えるアイディアを思いついたのです。
散々戦争について語ってたのに、最後にニートかよ!wって。
これならオチとして十分だと思いました。
何事もひらめきって大切ですねw


まあ、そんな感じに思いつきで作った動画が、それなりに愛されてるのは嬉しいですね。
「ひどいw」とか「台無しだw」というコメントを見るたびに、「・・・計画通り」とニヤついているゆりゆめPなのでしたw




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。