ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勇気を出して恥ずかしがりながら告白する女の子って萌えるよね



ねぎ倶楽部Pの鋼鉄のガールフレンド⑥【NovelsM@ster】が来てた!
待ってました!
鈍感な涼にヤキモキしながら同居する夢子の話なんですが・・・これがもう悶えるくらい可愛いのです! 主に夢子が!
何度かモヤモヤした気分になりながらも、ついに夢子が勇気を振り絞って告白を!

いやー、りょうゆめって本当に素晴らしいですね。

ゆりゆめPも、りょうゆめで乱心してみたまでの道のりを動画にしてみようかと思ってたけど、こんなに可愛い話が来たんじゃなぁ。
お蔵入りにするかw


関係ないですけど、最近アイマスネタが思いつかないので気分転換にオリジナルの百合小説を書いてます。
これが完成したら、ちょっと動画にしてみようかなぁ。
誰得って感じだろうけどw

スポンサーサイト
うーむ・・・
最近創作意欲がわかない。
シナリオを書きたいけどネタが思いつかない。
何か作りたいけど、アイディアが出ないんですよねぇ。
うーん、困った。
ゆメーターPのノベマスだと!?



こんなサムネ見せつけられたら、見るしかないじゃないか!w
どうやらEランクエンドのりょうゆめらしいです。
しかもラブラブ。

だけど・・・この退廃的な雰囲気がツボですね。
涼も壊れてて、夢子もちょっとおかしくなってて、お互いに求め合う・・・。
傷をなめ合うってわけじゃないけど、お互いに引き返せないほど依存し合っててかなりやばい雰囲気が良いですね。
どう考えても幸せな未来は見えないけれど、ふたりとも現状の幸せに逃避しているというか。
こういう、胸にチクチク来る話は大好きですw


僕も久しぶりに百合っぽい話を作ろうかなぁ。
でも超ノベマスをもう一本作りたいんだよなぁ。
ネタが降りてこないですが!w
映画スイートプリキュア とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ
スイートプリキュアの映画版のブルーレイが届いたので、早速見ましたよ!
プリキュアの映画は映画単体の番外編が多いらしいですが、スイートプリキュアはテレビシリーズと連動した話になってます。
時間軸的には36話と37話の間の話という風に。
この辺りは、wikiとかで調べてみると東日本大震災の影響らしいですね。
放映スケジュールがズレたので、それまで立ち上がっていた映画企画を白紙に戻してテレビシリーズとリンクする話に変更したそうです。
なるほど。そうだったのか。

さて、映画の感想ですが・・・

もう素晴らしかった!

スイートプリキュアは、主人公の響と奏の百合百合ぶりを鑑賞するのが楽しいんですが、もう映画じゃ夫婦と言って良いほどでしたから!
敵に手錠みたいなもので繋がれちゃったりして、ふたり一緒に逃げる姿とかもう!
あぁ、イチイチ百合百合してて最高だった。
やっぱりスイートプリキュアはこうでなくちゃ!w

しかしまあ、メフィストさんには笑ったわ。
まさか冒頭からやらかしてくれるとは・・・w
映画開始からまさかあそこまで笑わせてくれるとは思わなかったw

あと、劇場版だからバトルも見応えがありますね。
テレビシリーズだと尺の関係でバトルは結構あさっり目なんですけど、映画だから中盤以降はバトル目白押しです!
敵も強い!
でもみんなの応援で力を得て、プリキュアも頑張る!
そんな感じの手に汗握る感が素敵です。
そして何と言っても見所は、リズムが敵に捕まってしまって奮闘するメロディの姿・・・。
もうね・・・これは胸を打たれますね。

だってこのシーン、もうふたりが夫婦の絆を見せつけますから!


いや、ホントもう響と奏は夫婦だわw
特にリズムのあの台詞がもうね!
これは百合好きにはたまらんわけですよ!


そんな感じに、萌え視点でも燃え視点でも楽しめるスイートプリキュアは素晴らしいですね。
良い映画だった、掛け値なしに。
これは凄い・・・




男の娘と半角スペース 第十三話 「too late?not late...」 前編・後編
レオハルトP



レオハルトPのりょうとも動画なんですが、これが凝ってる。
何が凝ってるかって、演出が凄く凝ってるのです。
後編の、ライブ直前の緊張感とか凄いですね。
背景を少し回転させてるだけなのに、もの凄く緊張感が出ています。
そしてライブシーン!
ノベマスだとどうしても絵と文字で表現するから、ライブシーンの演出ってのは不得手なんですが・・・。
レオハルトPは見事にやってのけました。
PVやMMDを使わずにも、こういう演出が作れるのかぁ、って感動しましたよ。

何でもレオハルトPは、後編のライブシーンを作るのに1ヶ月かかったとか・・・。
そりゃあこんだけ手が込んでれば時間がかかりますよねぇw
でも凄いなぁ。
れいかさんのプリキュア道



昨日のプリキュアの面白い所を濃縮した動画があったので貼り貼り。
いやー、もうね、プリキュアのギャグのキレ具合がハンパじゃないw
最初の青の子が富士山で演説しちゃうところなんて、もうお腹が痛くなりましたよ。
こんな調子で1年やっていくのか・・・


最高だな!w
【超NovelsM@ster】ふたりの秘密



さあ、ゆりゆめPも超NovelsM@sterに参加しましたよ!

あなたは超NoveM@sに参加してはいけないww

とか

参加してもいいけど、その場合は要自重ww


とか言われてましたからね。
これはたぶん・・・


ゆりゆめPに限界に挑戦しろ、という依頼ですね!



というわけで、ギリギリを狙ってみましたよ!
一応自重したぜ!
どうなる事やら・・・w

しかし厳しいレギュレーションの中で動画を作るのは楽しいですね。
画像に関しては・・・もう諦めて真っ暗な画面で押し通しましたw
でも文字だけで表現するから、ウィンドウを2つ使って同時に展開させてみるとか、動画を組んでる最中に思いついたり楽しかったです。
最初に組んだときは5分30秒になっちゃったから、途中の台詞を抜いたりして調整もしましたし。
これは今後の動画作りにも色々応用できるかも!

プリキュアオールスターズDX
MXテレビで、全シリーズのプリキュアが総出演する映画『プリキュアオールスターズDX』が3本とも放映していたので、ビデオに録っておいたのですよ。
そして今日はお休みだったので、3本連続で見ましたw
面白かったー。

ゆりゆめPは、スイートプリキュアしか見たことないので、DX3以外はどのプリキュアも知らない状態だったんですが十分楽しめました!
終盤のプリキュア勢揃いで必殺技を撃つシーンとか感動ですね!
元ネタを知らなくても涙が出そうになりましたw

話として一番好きなのは、最初のDXかなぁ。
各シリーズのプリキュアが出会う話なんですけど、これが良い感じなんですよ。
事件があって、それぞれ目の前の脅威に対処していたら偶然他のプリキュアと出会う・・・みたいな感じで!
特に終盤での、とあるプリキュアが絶体絶命のシーンで登場するところはシビれますね!
ベタだけどそれが良い!

DX2は全体的に豪華になって、話もかなりシリアスでした。
3DCGのダンスシーンは圧巻だった・・・。

そしてスイートプリキュアが出てくるDX3!
ハミィは相変わらず脳天気だったw
響と奏がすでに仲直りしてる状態だったなぁ。
まあ尺が短いからね。
この二人は、仲直りしてからがもう夫婦ですから!

さて、今日から新しいオールスターズが公開だったかな。
スマイルプリキュアがいよいよ出てくるのか・・・。
みんなで必殺技を撃つシーンで、キュアハッピーが「気合いだ気合いだぁー!」って言うのか・・・。
もうどんな感じになるのか楽しみで仕方ないw
【NovelsM@ster】やめてください舞さん! 第5話



かなり久々ですが、やっと5話です。
いよいよ舞さんが涼ちんを食べちゃうのか!?
そんな感じのお話です。


投コメ欄で「超NovelsM@sterに参加してみたいなぁ」と書いたら

あなたは超NoveM@sに参加してはいけないww

とか

参加してもいいけど、その場合は要自重ww

とかコメントされてるんですけど・・・。


失礼な!
ゆりゆめPはギリギリは狙うけど、さすがにイベントではそこまでギリギリは狙うつもりはないよ!
もうちょっとマイルドな表現にするとか!
少年ジャンプでも掲載できるぐらいなのを目指すよ!

というわけで、現在ネタを練ってます。
ちょっとアイディアが浮かんだので、週末には細かいところを詰めていきたいなぁ。
絵を使わないから、案外早くできるかも?w
超NovelsM@sterコンテスト・・・だと?
ニコニコの公式イベントで、ノベマスのコンテストが行われる・・・だと?

http://info.nicovideo.jp/imas_novemas/

まさか公式でノベマスが取り上げられるとは思わなかったw
いやね・・・やっぱり一ノベマスPとしては肩身の狭い思いをしていたのですよ。
結局ノベマスって二次創作ですからね。
画像や音楽も、許諾なんかなしで使っているわけですからね。
二次創作のグレーゾーンでの活動なのです。
もちろん見てくれる人の感想が報酬みたいなもんだし、みんなの反応が嬉しくてノベマスを投稿するモチベーションにはなっているのですが・・・。

やっぱり、公式には黙認されているという日陰者には代わりがないわけで。
それが公式に褒められるかもしれない・・・というのは憧れるものがあります。

とは言え、レギュレーションが厳しいなぁ。
絵の方は最悪文字だけで投稿するのもありだし、BGMは元々アイマスのBGMには様々なシチュエーションのが用意されてるから問題はないですけど。
うーん、キャラ縛りと5分以内ってのがキツイよなぁ。
いつも876プロで作ってるから、765プロでのネタが思いつかないんだよなぁ。
その上、僕はシナリオを書くと、軽く10分は超えるしw
でも、公式でノベマスを取り上げてくれるチャンスなんて他にはないだろうから、是非参加はしたいですね。
とりあえずネタを考えてみよう。
動画を作らないと・・・
なぜか『孤独のグルメ』やらマンガを買ってきて読みふけってます。
動画を・・・動画を作るはずだったのに・・・w

舞さん対ベルセルクのコピー


ねぎ倶楽部Pの舞さん後ろ姿を素材を見てたら、何となく思いついたから作ってみました。
アイマスと洋ゲーのコラボレーション!

ちなみに洋ゲーの方は『ギアーズ オブ ウォー』ってゲームなのです。
映っている敵はベルセルクと言って、通常攻撃が効かないんですよ。
こちらの攻撃が効かないのに突進してくる厄介な奴です。
このゲームの主人公は、軌道衛星を使った高出力のビーム砲で何とか倒したんですが・・・。

舞さんなら素手で勝てそうな気がするのが不思議!


オーガ対ベルセルク・・・果たして勝負の行方は!?



こんな風に遊んでないで動画作らないと・・・。
もうこんな時間か
さすがに終電で帰ってくると、ちょっと一息入れるとこんな時間にw
動画を進めないとなぁ。
日曜には何とかうpしたい!
後ろ姿来た! メイン後ろ姿来た! これで勝つる!
ねぎ倶楽部Pが涼ちんと舞さんの後ろ姿という、素敵素材を投下してます!
アドレスはこちら↓
http://negiclub.blog.fc2.com/blog-entry-34.html#comment136

DS組は、765プロと違って立ち絵が2Dだから、後ろ姿というのは貴重なんですよね。
後ろ姿が使えるというこで、色々と表現の幅ができますね。
そう、例えばこんな感じに!

ネタ用のコピー

※画面は開発中のものです。


いや、夢が広がるなぁ。
今まで出来なかったあんな事やこんな事まで・・・。
舞さんの後ろ姿を使える事で、妄想からの制約が少し緩くなりますね!

ねぎ倶楽部P、ありがとうございました!



そして5話のシナリオはやっとできた・・・。
さて、日曜までにはうpしたいなぁ。
アイマス系オフ会 その2
昨日は、秋葉原で若燕Pとねぎ倶楽部Pに会ってきました!
お二人には、ずっと前から会ってみたいと思っていたのですよ。
ゆりゆめPは元々がぼっちなPだったんで他のニコマスPとは全然付き合いがなかったのですよw
そんな時、偶然見たのが・・・



若燕Pの【NovelsM@ster】また春に会いましょう 第1話でした。
実はこの頃には0912コミュの存在を知らなかったので、若燕Pが同期Pだとは知りませんでしたw
律子姉ちゃんはたまに見てたので、「あー、あの人の作品か」ぐらいの気軽さで見始めたのです。

・・・見事にやられました。
とにかくえろいのです。
直接的な描写は一切してないのに、えろさが匂ってくるのです。
しかも第1話からぐいぐいと視聴者を引っ張ってきます。
元々おねショタが大好物なゆりゆめPは、一発でノックアウトされました。

そんな若燕Pのりょうまいの毒気に当てられて、思わずゆりゆめPが作ってしまったのが『りょうまいで乱心してみた』だったわけですw
でも世の中面白いのは、この『りょうまいで乱心してみた』という動画が縁で、若燕Pとの接点が出来たのですよ。
いつもは再生数が1000回行けば良い方のゆりゆめPにしては、『りょうまいで乱心してみた』は恐ろしいぐらい伸びていたので、グーグル先生を使って自分の動画を検索かけてみてたりしていたのです。
そしたら偶然、若燕Pのブログで僕の動画が取り上げられてるじゃないですか!
実は密かに「若燕Pがこの動画を見てくれたら嬉しいな」と思っていたので、ブログで取り上げられてるなんて感激だったのですw


そんな感じで、ぼっちだったゆりゆめPには、若燕Pと交流できる事が嬉しかったのです。
そして、いつか実際に会って話してみたいなぁ、とも思っていたのです。


一方、ねぎ倶楽部Pの事を注目したのは・・・



【ノベマス】秘密の友達【アイドルマスター】
でした。

ねぎ倶楽部P自体は、



同じエロm@s参加者だったので、【ノベマス】絵理ちゃんと一緒にお風呂に入った【アイドルマスター】から名前だけは知っていました。
この動画も、音声を使ってえろを表現するという意味では斬新でインパクトはありましたけど・・・
【ノベマス】秘密の友達【アイドルマスター】の方がインパクトが大きかったですね。
サムネを見て、「ほうほうりょうまいか」と軽い気持ちで思わずクリックしたのですよ。
そしたらビックリしました。
ビックリするほどえろいのです。
舞さんが純粋な涼を絡め取っていく姿がもう・・・。

正直、ゆりゆめPもどうしたらいいかわかりませんでした!

そして話が進む度にどんどん胃薬が必要になっていく展開にも真っ青でした。
どうやら途中から分岐ルートらしいBルートに入っても、「救いは・・・あるよね?」というわずかな希望を抱いて視聴していたのですが・・・。

まさか・・・まさかこんな結末になるとは・・・。

さすがにこれは衝撃でしたね。
普通だったらそこは多少希望を持たせて終わらせると思っていたのに、バッサリ切り捨てて行きましたから。
ただでさえ、りょうまいで胃薬といえば『また春に会いましょう』というビッグタイトルとネタが被っていてプレッシャーだろうに、そのプレッシャーをものともせず全く独自の道を突き進んでいくスタイルが正直凄いなぁ、と思ったのです。
この頃から、ねぎ倶楽部Pとは是非コンタクトを取ってみたいと思っていたのです。

でも、ねぎ倶楽部Pって当時はブログも何もやってなかったんですよね。
せめてウォッチリストでもと思ってチェックしてみたら、当時のねぎ倶楽部Pはニコレポ非公開だったので、どうしたらいいのか頭を抱えましたw
だからブログを始めたって知ったときは嬉しかったですね。
もちろん真っ先にコメントをしに行きましたよw



そんな経緯があって、ずっと気になってる人たちと会えたので、もう本当に嬉しかったですね。
投稿間隔が短い若燕Pの制作裏話とかを色々聞けて勉強になったし!
ねぎ倶楽部Pの改変画像トークも熱かった!
あと、偶然なんですけど、どうも僕も含めてこの3人は世代が近いっぽいのも楽しかった。
SFCトークとかあれこれ説明せずに話が通じるしw
ホント、みんなゲーム好きだよな!w

こんなに充実した時間を過ごせて、ホント幸せだったなぁ。
でも、ここで大きな謎が・・・。


ねぎ倶楽部Pは謎が多い人だったw



当然リアルで会うわけだから、プライベートな話とかも少ししてきたわけですが・・・。
ねぎ倶楽部Pの素性ってのが全く分かりませんでしたw
ネット上でも謎が多い人だなぁとは思ってたけど、まさかこれほど謎な人物だったとは・・・。
普通は会話の端々からその人の方向性ってのは何となく特定できるもんだけど、ねぎ倶楽部Pに限っては本当によくわかりませんでしたからw


またいつかオフ会やりたいなぁ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。