ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gエグゼスかっけー
もうガンダムAGEの主人公はウルフさんでいいような気がしてきたw
一方AGEシステムは「撃ち抜けないなら叩き壊す」という選択肢を提示してくるという、ワイルドさが売り!
・・・格好悪いけどね!

今週のガンダムAGEは見所がいくつもあって楽しかったわー。
・・・ネタ的な意味で。
ストーリーは相変わらずだけどねぇ。
もうちょっと戦闘シーンを格好良くできないものか。
Gエグゼスの戦闘シーンは格好良かったのに、タイタスの戦闘シーンのショボさは・・・。
まあ、ビームラリアットは格好良さは別にして、面白技としては結構好きかもw


と文句を言いつつもガンダムAGEを見るのであった。
スポンサーサイト
絵師さんについて


ホント、このサムネのイラストは素晴らしいですよね。
今回、アイマスカテゴリでデイリー14位を獲得できたのも、このイラストがあったからだと思いますし。
実際、このイラストに釣られて動画を見てくださった方も多かったみたいなんですよ!

というわけで、今回の『やめてください舞さん 第3話』で素晴らしいイラストを描いて頂いたk mさんについてお話したいと思います。

ゆりゆめPはピクシブにアカウントを持っているのです。
ミク絵やアイマス絵を収集のために取ったアカウントですがw
まあ、そんな感じで日課の涼ちんイラストを集めていたのです。
そうやって巡っていたら、やけに可愛らしい涼ちんを描いてる方を見かけました。
絵柄がゆりゆめPの好みにドストライクだったのですよ。
なのでお気に入りユーザーにして、しばらく見守る事にしました。

それから一週間ほどが過ぎ・・・。
こんな絵が投稿されていたのです。

これは素晴らしいとしか言いようがありませんでした。
エロ絵ですけど、涼ちんの大事な所は隠れています。
ですが、涼ちんの表情がもの凄くえろいのです!
何というか・・・直接的なエロさではなくて、間接的なエロさなんですよ。
温泉らしきロケーションと、湯に浮かぶ紅葉・・・そして涼ちんの切なそうな表情・・・。
見た目のエロさだけでなく、想像力も刺激されるようなエロさ・・・。

もう、この絵の雰囲気に惚れました。


ゆりゆめPは、こういうのが大好きなんです。
エロはシチュエーションが命と思っているので、想像力を刺激されるようなエロさはたまりません!
ゆりゆめPが求めるエロさも、この絵のようなものなのです。
乱心してみたシリーズが敢えて直接的な表現を避けているのは、想像力を刺激して見ている人のえろいツボを押したいからなのです。

この方の絵の方向性は、ゆりゆめPが描きたい方向性と似ていると感じたのです。

実は、『やめてください舞さん!』を作り始めてから、既存の素材だけで表現するのに限界を感じていたのです。
2話の電車のシーンは何とかそれっぽく仕上げる事ができましたが、これ以上のえろシチュエーションを立ち絵だけで表現するのには無理が出てきていたのです。
3話のシナリオも、欲望の赴くまま書いていたら、足コキシーンが出てきたりして・・・。
今だから言いますが・・・

歪氏の立ち絵だけでどうやって表現すれば良いのか、途方に暮れてましたw


一応舞さんがテーブルに座っていて、文章だけで下がどうなってるか想像させる・・・みたいな事を考えていたんですが、どう考えてもインパクトに欠けるのです。
文章でそれっぽく演出はできても、動画としての面白味には欠けますから・・・。


そんな時だったのです。k mさんの涼ちん絵に出会ったのは。


この方の絵だったら、きっと『やめてください舞さん!』の世界観にも一致します。
いや、それどころかもっとエロい動画にする事も夢じゃない!
そう思ったので、動画のイラストを描いてくれないか頼んでみました。
幸いk mさんが興味を持ってくださったので、今度チャットで打ち合わせをしましょうという事になったのです。

早速イメージに近い画像をネットから拾い、3話のシナリオと一緒にk mさんにお渡ししました。
細かいニュアンスは口頭で伝え、僕のイメージを事細かに伝えたのです。
k mさんも僕の言わんとする所を理解してくれているみたいで、とても充実した打ち合わせになりました。

翌日、どんな絵に仕上がるのか楽しみにしながらネットを見ていると、k mさんからラフが出来たので見て欲しいという連絡があったのです。
は、早い・・・まさか翌日にラフが出来上がるなんて思ってませんでしたw
そしてそのラフを見てみると・・・

まさにイメージ通りの舞さんの姿がそこにありました。


想像以上の破壊力でした。
そしてそれ以上にビックリしたのは、舞さんの仕草でした。
イラストでは、舞さんがテーブルに片肘を着いて、挑発的な視線をこちらに送っているのです。
打ち合わせではアングルとどういう状況なのかは説明していたんですが、舞さんの仕草については特に指定をしていなかったんです。
k mさんは、僕との打ち合わせの内容を踏まえた上で、シナリオに描かれている舞さんを見事に表現してくれていたのです。
もう、このラフを見た瞬間に「勝った!」と思いました。

素晴らしいイラストを描けるだけでなく、僕の考えている事も理解してくれた上で、僕の想像以上のイラストを描いてくださるんですから!
k mさんに出会えたのは本当に幸運でした。
3話の結果は、まさにk mさんなしでは達成できませんでした。
いや、ホント感謝してもしたりないぐらいです。


そんなわけで、ゆりゆめPはk mさんにベタ惚れなのですw
引き続き『やめてください舞さん!』のイラストも担当してくださるので、これからもこのシリーズには期待していてくださいね!
どうしてこうなった
今回はガンダムAGEについて。
ゆりゆめPは、ガンダムはファーストから0080まで見て、それ以降はヒゲと00しか見てないのです。
ヒゲを見て「ガンダムらしさというのは、冨野監督の感性に付随するものなのだなぁ」と理解したので、別にAGEを「これはガンダムじゃない!」なんて非難するつもりは毛頭ありません。
たぶん、ファンの求める”ガンダムらしさ”って、冨野監督にしか作れないと思うのでw

だからAGEの設定云々にツッコむ気はありませんし、子供向けに作るのは大いに結構だと思っています。
それにガンダムはシリーズが長期化してるから、子供のファンを開拓しておく事は大切でしょうし。

だから、ガンダムAGEには結構期待したんですよ・・・。

1話、2話はまだ良かったです。
ご都合主義な部分が目立ちますが、コロコロ風なガンダムと解釈すれば悪くないですし。
子供がロボットに乗って活躍するのは、やっぱりグッと来ますからね。

・・・でも、3話以降のグダグダ感は一体何なんだ?

話的に全然盛り上がってないし、キャラクターの掘り下げ方もイマイチで全然魅力を感じないし。
6話に至っては、実はMSの開発は禁止されてたという設定まで出てきて、これまでの世界観を覆しかねない矛盾が生まれてたり、超展開過ぎて話自体も破綻してるし・・・。

ご都合主義はまだ許せるんですよ。
現にお子様向けのアニメはご都合主義ですし。
それでも、プリキュアとかは面白いんですよ。
子供視点で見て、わくわくできるような展開とかをちゃんと用意してますし。
何も考えずに見てて面白い・・・いわばプロの仕事なんですよね。
子供にもわかりやすいようにご都合主義な展開を入れているけれど、それは「子供だからこの程度でいいだろう」的な上から目線ではないのです。
子供がどうすれば楽しめるかを考え抜いてる結果のご都合主義なんです。

根本的に、ガンダムAGEのご都合主義とは違うのです。

ガンダムAGEは、ぶっちゃけどこを目指しているのかがわからないんですよね。
制作者は「子供に向けたガンダムを作る」などと言ってたけど、目線は全然子供の方に向いてないです。
それどころか、変にファーストを意識して制作側の「これが俺のガンダムだ!」的な主張が目に付くんですよね。
”子供向け”を公言してる割には、子供にガンダムを魅力的に見せようという意志が感じられないし。
ロボットアニメなのに、こんなに戦闘シーンがわくわくしないというのも・・・。

何というか、このアニメは本気で子供と向き合ってないですよね。
シナリオがご都合主義どころか破綻してるのも、子供のためではなく、制作サイドの自己満足でしかない気がするし。
でなければ、いくら子供向けと言えども、あんな酷い話は作らないでしょう。

確かに子供には難しい話を理解できないとは思います。
でもね、だから言って子供を舐めちゃいけない。
子供は大人より理解力が低くても、そのアニメが面白いか面白くないかの嗅覚は鋭いんですよ。
大人が本気で作ってないアニメなんて、見向きもされませんから。

ガンダムAGEが、もし”子供向け”だからと言って、あんないい加減なシナリオを作ってるのなら、考えを改めた方が良いと思います。
とにかく僕から制作サイドにこれだけは言いたい。


本気で子供向けガンダムを作ってください。


あんな風な自己満足な作風が1年も続くのは正直しんどいですから。
ちょw
『やめてください舞さん!』の第3話がデイリーで14位になってたw
これもk mさんのイラストのおかげですね!
やっぱりサムネをえろい絵にすると伸びが違うなぁ。

さて、モダン・ウォーフェア3をプレイしてこよう。
とりあえずクラス作成できるまでレベルを上げなきゃ!
【NovelsM@ster】やめてください舞さん! 第3話



やっと完成しました。
ふー、デッドアイランドに忙しくてなかなか作業がはかどりませんでしたが、ようやく日の目を見ましたw
サムネを見て頂くとわかるとおり、今回は絵師の方にイラストを書き下ろして頂きました!

もう、ピクシブでk mさんの絵を見て、あまりのえろさに今回のイラストをお願いしちゃったのです!
これでエロさも増量だね!
k mさん、本当にありがとうございます!

ちなみにk mさんのピクシブのアドレスはこちら→http://www.pixiv.net/member.php?id=1309770

よーし、この調子で続きも作るぞー!
・・・来週から仕事が忙しくなるけどw
ちゃんと作ってますよ?
デッドアイランドをクリア。
ラストバトルがエグかったぜ・・・。
これ、複数プレイを前提にバランス調整してるだろw

しかし面白いゲームだったなぁ。
FPS視点でホテルとか狭い通路を歩いてる時の圧迫感が凄い。
角を曲がった時に、いきなりゾンビにのし掛かられたりすると本気でビックリしますw
ホラー映画の主人公になったような気分でプレイできるのが素敵でした。

シナリオの方は・・・まあ、いかにもホラー映画って感じでしたね。
プレイヤーキャラ以外の主要人物は容赦なく死んでいくしw
それを含めて、ホラー映画を体験できるようなゲームで面白かった!


・・・あ、動画の方もちゃんと作ってますよ?
とりあえず紙芝居クリエーターで仮組みが終わりました。
あとは依頼していた素材が届くのを待つだけです。
もう少し待っていてくださいね。
今までよりえろいのを作りますから!
今日は休みだった
というわけで、デッドアイランドを進めてました。
・・・え? 動画制作してたんじゃないのかって?
すまん・・・誘惑に勝てなかったんだ・・・。

デッドアイランドは終盤に差し掛かってきました。
てか、ミッションが鬼畜過ぎ・・・。
ゾンビの巣窟で護衛ミッションとか・・・。
護衛対象が死んだら、イベントの最初に巻戻り。しかも消費した武器とアイテムはそのまま。

護衛が死ぬ→武器とアイテムが消耗したまま再挑戦→ジリ貧になってえらい目に・・・。

てな感じに詰んじゃいました☆(テヘ
でも諦めません!
このゲームはシングルとマルチプレイの境界がないのです。
つまり、詰まってても同じ所をプレイしてる他のプレイヤーのゲームに参加するという事ができるのです。
一人なら無理そうでも、他の人と一緒なら!

そうして他のプレイヤーのゲームに参加したら、ちょうど難所を越えた所でした。
しかもこのゲームって、ゲーム進行はオートセーブされるから・・・。
あら? 何もせずに難所をクリアしちゃってるw
うーむ・・・何かこれは失敗したかも。
ズルしちゃってる感じで・・・むーん。

まあいいや。
セカンドプレイの時に自力クリアを目指すぞ!


動画の方は・・・実はちょっと制作に協力してくれそうな人を見つけまして。
ちょっと時間かかるかもしれないけど・・・これは良いものができる予感!
なのでもうちょっと待ってくださいw
アイマスカテゴリで1位を取っちゃうミクさんマジパネェ!


以前から新人潰しに定評のあるミクさんですが、まさかアイマスカテゴリまで制圧してくるとは思いもしませんでしたw
ミクさんマジパネェ!

しかし765式ミクさんは丸っこくて可愛いなぁ。
これはこれで良い感じだ。


そしてセガのミクさんとの比較。



バンナムとセガのミクさんの解釈の違いが面白いですねw
765式ミクさんは萌えっぽさを前面に押し出してて、セガのミクはスリムでスタイリッシュな方向へ向かってますよね。
どっちも甲乙付けがたい・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。