ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小鳥さんの花火大会



今回は頑張りました!
先週からシナリオは書いてたけど、昨日の段階でほぼ全部書き直してるので、実質1日でシナリオから動画編集までやりましたよ!
いやー、まさか1日で完成までこぎ着ける事ができるとは思わなかったw

内容はと言うと、小鳥さんの一夏の思い出です。
まあ、タイトルとサムネがクリスマスの時と似たような感じなので、そこから察してあげてくださいw

このシリーズは台詞だけでシナリオを書いたんですけど・・・こっちのやり方の方が作業効率は良いですね。
文章送りを使わないから動画を組んでるときにあんまり気を遣わないでいいし。
コメディタッチのならこの方が良いのかも。

あ、それから紙芝居クリエーターをやっとv1.1にしました。
使い勝手がメチャメチャ向上しててビックリした。
これがフリーソフトといか信じられない・・・。
スポンサーサイト
一気に見てしまった



プロディPの 【かまます】秋月律子 最後の事件 を一気に見てしまいました。
面白かった!
ゆりゆめPは90年代後半のテレビドラマが大好きなのですよ。
その中で『沙粧妙子最後の事件』はかなり好きなドラマのひとつなのです。
1年間もこの動画の存在に気づかなかったとは・・・不覚。

しかし面白いなぁ。
第1章は原作ドラマと同じ展開をたどるので、「あぁ、このキャラはあとで・・・クフフ」みたいな感じで見ていたのですよ。
そしたら第1章のラストからドラマとは少し違う展開になっていって、第2章からはもう全然違う展開を見せていくのです。
架空戦記みたいに元ネタをなぞるような展開になると思ってたから、もうね!
全然先が読めないのです。
原作ドラマのテイストを残しつつも全く違う物語が展開されています。
しかも毎回毎回引きが凄い。
これは引き込まれますね。
1話20分ほどの長い動画なのに、一気に見てしまいました。

いやー、ホントこれは面白かった。
僕もこういう見る人が引き込まれるような話を作ってみたいなぁ。
りょうゆめで百合っぽい話5【後編】



やっと出来ました!
実はシナリオはずいぶん前から出来てたんですけど、コミケのあとは何もやる気が起きなくて・・・w
毎年コミケは全身全霊楽しんでるから、終わった後は気が抜けちゃうんですよねぇ。

さて、後編です。
花火大会でチャラい男たちにからまれてしまった涼ちんの運命はいかに!?
そして夢子はどう動くか!
なにげにBGMがシュタゲばっかりだったり!
まあ、そんな感じでよろしくお願いします。
コミケへ行ってきました!
ゆりゆめPの主ジャンルはアイマスとボカロと評論なので、2日目と3日目に参加してきました!
「評論とは何ぞや?」とお思いの方もいらっしゃるでしょうからご説明致します。

評論ジャンルは・・・その名の通り、ある出来事に対して考察した文章を本にまとめているモノの全般を指します。
このジャンルの面白い所は、大手出版じゃまず出版されないような面白本がたくさんあるんですよ。
例えば、ボールペンの批評本があったりするんです。
どのメーカーのボールペンの使い勝手とか、そういうをカタログ風に解説していたり。
こういう「誰がその情報を欲しがってるの?」と思えるような本があったりするんですよ。
そういうのを見て回るだけでも凄く面白いのですw

おっと、ここは一応ニコマスPのブログなんだから、一応アイマスに関係してる記事を書かないと。
せっかくなので、ゆりゆめPが入手したお気に入りの同人誌の紹介をしようかと思います。


まず最初は、サークル:キスミーセシル『かみさまの前のルルヴェ』です。
委託販売されてるようですね。
ここのサークルさんの同人誌は、以前涼オンリーイベントの時に初めて買ったんだっけな?
確か最初に買ったのは、夢子とあずささんが出会う話の奴でした。
この方の描くマンガは、とにかく少女マンガっぽいのです。
特に心理描写が素晴らしい。
男であるゆりゆめPには、キャラクターの感情に時々付いていけない場合があるんですけれど、そういう部分を含めて女の子らしいリアリティが詰まっているというか・・・。
アイマスのキャラって、どっちかという女の子のズルい部分というのは敢えて描いてないじゃないですか。
ですが、ここのサークルさんのアイドルは、あくまでも等身大の女の子として描かれているのです。

例えば、『かみさまの前のルルヴェ』では、主人公である亜美がクラスメイトたちの噂話を聴きながらこう思うのです。


『あれ?』って初めて思ったのは入学間もない頃
どうやら亜美は『皆』じゃないっぽいです



亜美はアイドルをやっているからただでさえ目立ちます。
だから彼女は、クラスで浮かないように距離を取りながらクラスメイトと接していくのです。
それこそ悪い噂を流されないように気を遣いながら・・・。

この作品は、そういう女の子同士のグループの生々しい描写を容赦なく描いてきます。
アイマスを題材にこんな事まで描いちゃっていいのかって思っちゃうほど、その描写は辛辣です。
でも、その辛辣な描写があるからこそ、中盤以降の亜美の悩みがリアリティを持って重くのし掛かってくるんですよね。

そう。この作品は、アイマスのキャラを使って思春期の不安定な心を描いているんです。
それが凄く新鮮でした。
アイマスキャラは、基本的にサザエさん方式というか、年を取らないことを求められています。
人間的な成長はあっても、年は取らない事が前提にある気がするのです。
だけどこの作品は、亜美の思春期を思いきり描いているんですよね。
それが新鮮であり、圧巻でした。
彼女を”偶像的な意味でのアイドル”として描かず、”ひとりの女の子”として描く・・・。
そうなると、もちろん亜美の嫌な部分も描かなきゃならないわけですし。
でも作者はそこを逃げずにきちんと描ききりました。
これは凄い事だなぁ、ってゆりゆめPは思うのですよ。


続いてはサークル:noPland『ONE』です。
きゅんパイアをネタに、たかいおでヴァンパイアをやっています。
これがもう素晴らしい!
ヴァンパイアものとしての悲しい宿命とも取れるし、百合ものとしても取れるのです。
この切なさがたまんねーw
ちょっと検索をかけてみたんですけど、委託販売は予定されてないっぽいですね。
残念。


そしてお待ちかね、エロ枠ですw
サークル:AERODOG『ちんちんかもかも』です。
タイトルからしてもうw
りょうゆめですよ、りょうゆめ!
男の子だってバレてる涼ちんと夢子のラブラブでえっちな同人誌なのですよ!
この方の絵柄は好きだから、以前からポツポツ同人誌は買っていたんですけど、まさかエロをやってくれるとは思いませんでした。
いやー、もうごちそうさまって感じですw
委託販売はこっちでやってるみたいですね。



そんな感じで、お気に入りの同人誌紹介でした!
今年は小鳥さん本をゲットできなかったのが残念だけど・・・満足のいく戦果でした!
りょうゆめで百合っぽい話【前編】



久々の百合っぽい話ですよ。
百合っぽい話は自由度が高いから、逆に難産なんですよねぇ。
実は『私とアタシ』は、百合っぽい話のネタがあまりにも思い浮かばなかった時期に作ってた動画だったりしますw
まあ、そんな話は置いておいて。

夏! 夏と言えば花火! 花火ですよ!
というわけで今回の百合っぽい話は花火ネタなのです。
夢子が妙に涼の事を意識しちゃって所で、一緒に花火を見上げるなんてシーンは最高じゃないですか?
ええ、最高だと思います!

そんな妄想を垂れ流しているのが今回の動画なのですよ。



よし、もう少ししたら有明に向かわないと。
YMOを見た!
ワールドハピネス2011という野外ライブに行って来たのですよ。
友達から「YMOが出るから見に行かない?」と誘われたので。
もちろん「行きます!」と即答しましたよ。

YMOは世代が合わないのですが、兄が一時期YMOというか坂本龍一にハマっていたので、その流れでCDを聴いたのですよ。
そしてビックリしました。
当時ですでに20年近く前の音楽だったのに、全然古く感じないのです。
それどころかかっこいいのです。
家にあるCDが『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』と『浮気な僕ら』しかなかったんですけどねw
あとは坂本龍一のアルバムが何枚か。
とりあえず少ないCDでしたが、それらを聴きまくりました。

まあ、そんな感じでYMOのアルバムを何枚か聴いた程度の思い入れしかないんですがw
それでも、やはりYMOを生で見れる機会なんて貴重なので、これはもう行くしかないと思いました。
CDじゃなくて、YMOの生の演奏ですから!


いやー、感動でした!
もうね、CDでしか聴いたことない『ビハインド・オブ・マスク』とかを生演奏で聴けるんですよ!
『体操』では教授が拡声器で「前へならえ。右向け右」とか言ってるんですよ!
ホントもう、初期の名曲ばかりやってくれて感動でした。

・・・でも野外ライブだったんで、日焼けがひどいことになってます。
今は痛みは治まりましたけど、昨日までは腕がヒリヒリしてました。
貴音さんみたいに気合いでどうこうできればいいのにw
されど作業は進まず
百合っぽい話のシナリオを見直してました。
ちょっと思いついたアイディアがあったので、それを入れようかと思って。
でも結局はそのアイディアは入れなくても良さそうな気がしたので、大幅な変更はないわけですがw

しかし時間が経ってから読み返してみると、気になる表現があったり、文章がくどくなってたりしてたので、それらの修正をしました。
うーん・・・ちょっと文章量がオーバーしちゃってるなぁ。
ここら辺は動画を組んでみてから考えるか。
滞り気味
またやってしまった・・・。
『アリス マッドネス リターンズ』が面白すぎる・・・。
10年前に発売された『アリス・イン・ナイトメア』の続編なんですが、もうあらゆる部分がパワーアップされてます。

とにかく操作性が素晴らしいです。
各ボタンに武器を割り当てているから、瞬時に使い分けが出来て便利です。
そして回避の性能の高さが凄い!
ロックオンしてる敵が攻撃モーションに入ると、一瞬スローになるんです。
スローになってから回避ボタンを押しても間に合うという親切設定が素敵です。
しかも隙が少なくて何度でも使えるし!
・・・ただ、ロックオンを搭載したから複数の敵と戦う時は色々と立ち回りを考えなきゃいけないんですけどね。

いやー、面白い!
狂ってしまった不思議の国も、相変わらず狂ってるし、何よりもHD画質で表現されているのです。
狂ってるけど美しい世界観がとにかく素敵なのです。


・・・そして、動画作成が滞るというw
日曜はちょっと用事があるから、来週中にはうpできれば・・・。
発売延期!?
アーマードコアⅤが発売延期になったそうで。
2012年1月に・・・。
なんてこった。楽しみにしてたのに。

・・・でもまあ、いいか。
モダンウォーフェア3もやりたかったから、1月まではそっちに専念しようw

さて、そろそろ百合っぽい話を仕上げないとなぁ。
今回はちょいと素材探しが難航してまして・・・。
できれば今週中にはうpしたいところ。
だって来週はコミケがあるから!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。