ゆりゆめ堂
同人サークル始めました。ニコニコではゆりゆめPの名前でノベマスを投稿しています。百合が大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです
ずいぶん放置をしてしまってすみませんw
この夏はプリキュアミュージカルショーを見に行ったり『思い出のマーニー』を見に行ったり色々してました。
Twitterでつぶやいて満足しちゃって・・・。

さて、久々にpixivの小説を更新しました。
小説の更新、以前の投稿が1月とか・・・w

【ネクロニカ】死んでしまった世界で少女たちは歩き続ける」/「シーマ」の小説 [pixiv]

最近はTRPGをやっているのですよ。
『永き後日談のネクロニカ』という、最終戦争で崩壊してしまった世界をゾンビ少女がさまようというとても素敵なゲームです。
もう、こういう世界観大好きなんですよね。
崩壊した世界をさまようってだけでもツボなのに、ゾンビ少女たちがさまようんですよ。
しかもゾンビ少女はたちは残酷な世界を前に発狂寸前なので、同じ境遇の少女たちとPTを組んでかろうじて商機を保ってるというのがまた!
素晴らしいですね!

そんなわけで、今回は実際にプレイした内容を元に小説にしました。
プレイ内容の再現よりも小説としての面白さを優先したので、かなり別物になってる感がありますが・・・w
ネクロニカの事を知らない人にも楽しめる形にしているので、この世界観に興味を持った方は是非!

スポンサーサイト
明日はレイフレです!
しかし、仕事で行けないのです・・・。
レイフレでしか会えない方々もたくさんいるから、是非とも行きたかったなぁ。

僕はレイフレには参加できませんが、ありかさんのサークルで頒布される青キュアアンソロジーには参加しています。
よろしかったら是非そちらも!
委託や通販の予定もないみたいなので、レイフレでしか手に入らないみたいなので!
詳しい情報はこちらです↓




あ、でも5月には他にもプリキュアオンリーがあるみたいですね。
ぷにケット内の『プリキュア☆フェスタ13』が5月25日にあるようなので、こちらには参加しようかと思ってます。
というか申し込みましたw
このイベント自体に気づいたのが締め切りギリギリだったので、新刊はコピー本になると思います。
というか、今原稿書いてますw
レイフレに行けなかった悲しみをこのイベントにぶつけようw
47RONIN
映画館へ見に行こうと思って結局見に行かなかった47RONINのBlu-rayを買いましたよ!
もうこの映画、公開当時のレビューから興味を持ってたんですよね。
忠臣蔵をテーマにした映画なんですけど、


冒頭で謎のモンスターと戦ってるなんて話を聞いたらそりゃああんた!

なぜか赤穂でモンハンしてるんですよ、大石内蔵助たちが!w 



レビューでその事を知ってから、もう絶対にこの映画は見なきゃって思いましたねw
こういう間違った日本観のぶっとんだ映画とか大好きなんですよw

そんなわけで、お話は忠臣蔵をベースにしてます。
あくまでもベースです。
色んなアレンジが入ってファンタジー色強くなってるのがまた素敵です。
映像も、実際の日本的な雰囲気というよりも、欧米人が日本に抱くオリエンタルな幻想世界とでも言いましょうか。
明らかに間違ってるんですけど、幻想的な雰囲気は悪くないです。

ファンタジー色その1として、この映画の主人公は大石内蔵助ではなく、キアノ・リーブス演じるカイという青年です。
このカイさん、少年時代に船が難破して日本にたどり着いたという不幸な人なのです。
赤穂のお殿様が狩りをしている時に行き倒れていたカイ少年を保護するのです。
けれどカイ少年、何だか普通の人とは違う雰囲気を持っていたので「天狗に育てられてた」なんて噂もあって、みんなから”鬼子”と嫌われていたのです。
けれど赤穂のお殿様はカイ少年をたいそう気に入ったので、カイ少年も赤穂のお殿様に忠誠を誓うわけなのですよ。
赤穂での穏やかな生活の中で、カイ少年は赤穂のお姫様のミカに惹かれてゆくのです。
ミカもカイ少年の不思議な雰囲気に惹かれており・・・。
けれど、二人の身分は大きく違うわけです。

・・・あれ? 忠臣蔵関係なくね?


まあいいか。
お姫様との身分違いの恋とか、ファンタジーで良いよね!

そんな感じで話を進んでいくと、時の将軍綱吉が赤穂に来るという事で色々とお迎えの準備慌ただしくなるのです。
実は、赤穂の隣国の領主・吉良は赤穂の領地を奪おうと画策していたのです。

あれ? 忠臣蔵ってそんな話だったっけ?

まあいいか。
この、吉良の居城ってのが凄いんですよ。
なぜか夜のように暗くて、お城のカラーも黒を基調としてます。
悪の魔王が住んでるって感じなのです。
すっごくファンタジー!

そしてついに、忠臣蔵らしく刃傷沙汰が起きます!
赤穂のお殿様が吉良を斬ってしまうのです!
しかしこの刃傷沙汰、実は吉良が仕組んだものだったのです!
吉良の側室の魔女が、赤穂のお殿様に幻覚を見せて前後不覚にさせていたのです!

魔女・幻術・・・まさしくファンタジー!

そんなこんなで赤穂浅野家のお家断絶が決まり、吉良に危険視されていた大石内蔵助は地下牢へ1年幽閉されてしまうのです。
そう、幽閉です。幽閉なんです。
何かえらい事になってます。

1年後。地下牢から解放された大石内蔵助は、将軍によって禁止されていた吉良への仇討ちをする事を決意します。
刃傷沙汰直前に、吉良の側室が魔女である事を見抜いていたカイの力を必要と感じ、大石は彼を探す旅に出ます。
どうやらカイは奴隷として出島に売られてしまったらしいのです。

出島・・・鎖国した日本で唯一海外に開かれている場所・・・などではなく、

西洋人の海賊が集まるならず者の街になってるんですよ!

カイは奴隷として、出島の地下闘技場で戦わされる日々を送ってました! 


うわーw 大胆すぎるアレンジw
もうこの時点で僕は大爆笑w
画面を見ながら笑いが止まりませんでしたw

大石は、カイを助けるために出島のならず者たちと派手なアクションを繰り広げるのです。
手に汗握るアクションシーンですよ!
船が爆発しちゃったりしなかったり、とにかく派手なアクションシーンでした!

カイを助けた大石は、彼に協力を仰ぎ、かつての仲間を招集する旅を開始するのです。


かつての仲間を求めて旅!
RPGのような展開です!

そんな感じでこの映画、忠臣蔵を西洋ファンタジーの文法で描くという、とても面白い趣向の作品なんですよね。
その後も大石内蔵助が天狗の試練に打ち勝って不思議な力を持つ刀を手に入れるとか、妖精の出す試練を乗り越える的なイベントがあったりするのですよ。
これは日本人には絶対に思いつかないですよ。
ハリウッド映画だからこそ生まれた作品ですね。

その後も色々ツッコミどころが多くて笑えるんですけれど、それは是非本編を見て確かめてくださいw
元ネタを考えないでファンタジー映画として見たら、なかなか面白く出来てますし。
レイフレには参加できませんが・・・
お久しぶりです。
ずっとタイタンフォールをプレイしてましたw
このゲームやばい。面白過ぎる・・・。


さて、今度のレイフレですが、実は参加できないのですよ・・・。
ゴールデンウィークは仕事がプチ繁忙期に入るので日曜以外は休めないという状況なのです。
なんで5月6日なんだー。

ですが! レイフレで頒布される青キュアアンソロジーに寄稿しました!

ありかさんのサークル「Alice index project」で青キュアアンソロジーが寄稿されちゃうのです!
スペースNoはE12ですよ!
イベントのみの頒布のようなので、欲しい方はレイフレにダッシュです!

ちなみに僕は小説で参加してます。
4ページという制限の中でお話を作るのが難しくて、なかなか良い経験をさせていただきました。
あ、健全本なのでエッチなのはないですよw

なにとぞ、よろしくお願いします!


* 2014/04/27 # [ 日記 ] トラックバック:0 コメント:0
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
ブログを放置しまくっててごめんなさいw
今年も百合を書いてイベントに参加しますよ!

とりあえず、今年一発目の百合小説です。
ダビまこです。
ドキプリのカップリングは色々好きなんですが、エロさという点ではダビまこが大好きなのですよ。
あの背徳感がやばくて癖になりますw

しかし、今日のドキプリで亜久里とレジーナの過去が明かされて、王女様の件も・・・。
やばい・・・まこぴーがやばい。
そしてダビまこがまた美味しくなった。
これは放送が終了したらまたダビまこ書かねば!


そんなわけで、今年もよろしくお願いしますw
今年の参加イベントはたぶんGLFかなぁ。
レイフレは日程的にちょっと参加が難しいんですよね・・・。
あとはコミケの申込書も買ってきたので、初参加を目指しますよ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。